ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大橋トリオ スペシャルバンドのメンバー紹介ナシ!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE主催「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016」が8月20日、21日の2日間にわたり、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催されました。ここでは21日(日)に出演した、大橋トリオのライブの模様をお届けします!

大橋トリオは昨年に続きスペシャルバンド・マスターを担当。2日目に登場する全ての楽曲のリアレンジ、そして当日の生演奏を手がけました。

そんな中、いよいよ今度は大橋トリオの番です。まずは「GOLD FUNK」で爽やかな歌声を披露すると、改めて10,000人に向かって挨拶をしました。

「こんばんは。大橋トリオです! スペシャルバンドのメンバーを紹介したいところなんですけど、人数が多すぎるのでフェイスブックか何かで調べてみてください」と言うと、ドッと笑いが起こりました。せっかくなので、大橋による紹介を聞きたかったところですが、フェイスブックによると総勢15名になるそうで、紹介している間に時間がきてしまうかもしれません…。

大橋トリオは来年で活動開始10年。そこで懐かしい曲「Happy Trail」を演奏すると告げると、ファンから歓声! 次いで「Honey」「はじまりの唄」と続けて披露。ピアノの音色が響き渡り、大人の音楽で会場を魅了しました。

1.GOLD FUNK
2.Happy Trail
3.Honey
4.はじまりの唄

ここで改めて、スペシャルバンドのメンバーを紹介すると…

Piano/Keybordは、今年のツアーでも大橋バンドで最高のアンサンブルを見せてくれた、the HIATUSの”伊澤一葉”が参加。
Drumは大橋バンドでは常連、赤い靴の”神谷洵平”、そしてBassも大橋バンドではお馴染みの”近藤零”。
GuitarはohashiTrio & THE PRETAPORTERSにも参加しているJiLL-Decoy associationの”kubota”、昨年と同様となるツインドラム、もう一人のDrum/Percussionは、Gotchバンドや様々なアーティストのプロデュースでも活躍する”mabanua”が担当。
Hornは、EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXXでSaxを担当する”武嶋聡”と在日ファンクでTrumpetを担当する”村上基”等。
Chorusは赤い靴の”東川亜希子”と注目の女性シンガーソングライター”NIKIIE”。
今回新たにバンドに追加された楽器、Pedal SteelをPHONO TONES、リクオバンド等で活躍する”宮下広輔”が担当。

この他にストリングスチームも加えた総勢15名、と、大橋トリオでした。
(大橋トリオ Official Facebook Pageより)

【関連サイト】
「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016」フォトレポート公開中!
http://www.j-wave.co.jp/special/live2016/

※ライブ音源の放送予定(J-WAVE)
「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016 SPECIAL」(ナビゲーター:ハリー杉山・マリエ)
9月16日(金)20時―21時50分/22時―23時30分

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP