ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

椎名林檎、新曲2曲を配信リリース&東京事変の全曲がサブスクリプション型配信サービス開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本選手団の活躍で大いに盛り上がったリオ五輪。閉幕式では次回開催都市への橋渡しとなる“フラッグハンドオーバーセレモニー”が行なわれ、2020年東京五輪へ向けいよいよ気運が高まる中、椎名林檎の新曲「13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~」の配信リリース、そして東京事変の全曲サブスクリプション型(定額制)配信サービスが急遽決定した。

「13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~」は、先ごろ発表された世界最古のインディーズレーベル“サラヴァ”発足50周年を記念して発売されるアニバーサリー・コンピレーション・アルバム『サラヴァの50年』へ収録される新録楽曲。フランスの老舗レーベルより、無類のフレンチ・ポップス愛好家でもある椎名へ白羽の矢が立てられ、フレンチ・ポップス史に残る名曲「白い恋人たち(13 jours en France)」をカヴァー。「13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~」と銘打ち、’68年グルノーブル冬季五輪の記録映画のテーマとして書き下ろされた原曲へのオマージュを込め新たな日本語歌詞と共にリメイクし、フランス語、日本語による魅力溢れる歌唱で四年後に迫る東京五輪開催に思いを馳せる。

さらに今春よりリニューアル放送中のNHK総合テレビの人気長寿番組『ガッテン!』へ、初の番組テーマとして書き下ろされた新曲「ジユーダム」と同Remix ver.「ジユーダム ヒャダインのリリリリ☆リミックス」が好評を博し、遂に待望のリリースが決定。こちらも8月22日より配信リリースとなった。

また2012年2月29日、閏年・閏日に惜しまれながらも解散した東京事変の全楽曲のサブスクリプション型(定額制)配信サービスも8月22日(月)より順次開始となる。こちらも欠かさずチェックしよう。

配信楽曲「13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~」
2016年8月22日より配信開始

※iTunes、レコチョク他、各主要配信サイトにて

作詞:ピエール・バルー/日本語詞:椎名林檎

作曲:フランシス・レイ 

<レコーディングメンバー>

みどりん:drums

鳥越啓介:bass

林正樹:piano & wurlitzer

村田陽一:trombone

椎名林檎:tubular bells

Arrangement:椎名林檎

recording & mix engineer:井上雨迩

assistant engineer:近藤真也, 和田裕太郎 (prime sound studio form) french

pronunciation direction:Vie Vie

■iTunes

http://po.st/itringo13

■レコチョク

http://po.st/recoringo13

配信楽曲「ジユーダム」
2016年8月22日より配信開始

※NHK総合テレビ『ガッテン!』テーマ曲

作詞作編曲:椎名林檎

管弦打編曲:斎藤ネコ

<レコーディングメンバー>

vox 椎名林檎

piano & vox  伊澤一葉

guitar & vox 浮雲

bass   亀田誠治

drums 刄田綴色

concertmaster グレート栄田

violin 桐山なぎさ, 矢野晴子, 滝沢幸二郎, 小倉達夫,

桑田穣, 丸山明子, 越川歩, 金子由衣, 島田光理

viola 古川原裕仁, 高嶋麻由

cello 前田善彦, 槙岡絵里香

flute 高桑英世

vibraphone, glockenspiel, tubular bells 高田みどり

conductor 斎藤ネコ

recording & mixing engineer 井上雨迩

assistant engineer 岸本浩幸, 太田敦志 (prime sound studio form)

「ジユーダム ヒャダインのリリリリ☆リミックス」

作曲:椎名林檎/編曲:前山田健一

sound production 前山田健一

mixing engineer 井上雨迩

assistant engineer 渡辺 純 (Aladdin Lounge)

■iTunes

http://po.st/itringojiyudom

■レコチョク

http://po.st/recoringojiyudom



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP