ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家入レオ、サマソニ大阪会場でPOP ETCのクリストファー・チュウと共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月6日に約1年5カ月ぶりのアルバム「WE」をリリースした家入レオが、8月20日にSUMMER SONIC 2016 OSAKAに出演した。SUMMER SONICへの出演は2014年の大阪ステージ以来2回目となり、今年は新たに作られたFOREST STAGEへの登場となった。

大勢の観客の手拍子でステージに登場した家入は、最新シングル「僕たちの未来」(日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌 / JVCヘッドホンCMキャンペーンソング)を力強く高らかに歌い上げライブはスタート、続いて今月11日に公開された映画『ペット』イメージソングにもなっているポップソング「Brand New Tomorrow」を披露すると、「サマソニにお越しの皆さん、こんにちは、家入レオです。大阪での夏フェスは、サマソニが今年初です!この会場の皆さんと最高の時間を作っていきたいと思います!」と話し、フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌として大ヒットを記録した「君がくれた夏」、続いてアルバムに収録されている「恍惚」を披露し、観客を魅了した。

そして、アルバム「WE」に収録されている「シティボーイなアイツ」でアレンジを手掛けたPOP ETCのクリストファー・チュウが同日に出演していたことから、今回サプライズコラボレーションが実現。「今日はPOP ETCも出演されているということで、是非この機会にコラボしたいと思います!」とクリストファー・チュウを呼び込むとアコースティックギターを持って登場。ライブ初披露となった同曲を自身初となる海外アーティストとの共演で、会場はさらなる盛り上がりを見せた。そして、「最後はこの曲でもっと盛り上がっていきましょう!」とデビュー曲「サブリナ」をステージ所狭しと走り回りながら観客を大いに煽ると、最高潮の盛り上がりを巻き起こし、この日のライブは幕を閉じた。

そんな家入だが、来月9月17日からはアルバム「WE」を引っ提げて、自己最多20公演・初の全国完全ホールツアー「家入レオ 5th LIVE Tour 〜WE|ME〜」を開催する。

関連リンク

家入レオ オフィシャルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP