ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

口臭予防には唾液の原料になる水をよく飲むべし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

口の中が乾燥して口内の細菌が増えることで口臭は発生します。このため、口臭予防には口の中を乾燥させないことが重要。すなわち、細菌を除去する唾液を分泌させることが口臭予防になるのです。口臭予防に唾液の分泌を促す方法をまとめて紹介しましょう。

口臭予防の方法は大きく3つある

口臭予防の方法には大きく3つあります。「臭いのきつい食べ物を食べない」「舌苔を除去する」そして、口内の細菌を抑えるために「口の中を乾燥させない」です。

本来、唾液は消化機能や殺菌作用などがあり、口臭を抑えてくれます。しかし、加齢やストレス・極度の緊張状態になると、唾液の分泌が減少。口の中が乾燥して口臭を招いてしまう原因になるのです。

そのため、口の中を乾燥させないように唾液の分泌を促すことが口臭予防になります。ガムを噛んだり、水分補給したり、舌を上げ下げして動かしましょう。継続することが重要です。

口臭予防には水分を取ることが大切

口臭予防には、まず「水分を取る」ことが大切です。唾液の原料となるため、水をよく飲むこと。また、カフェインが唾液分泌を抑えてしまうので、お茶やコーヒーはNGです。

口臭予防には「ガムを噛む」ことも効果的。というのも、よく噛むと唾液が自然と分泌されるからです。キシリトール成分が多いガムが望ましいでしょう。

「舌を動かす」ことも口臭予防には重要。舌を口から出して左右・上下に動かしたり、回したりして運動させるのです。唾液腺が刺激され、唾液の分泌を促します。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP