ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和装もお似合い!和服姿で登場、初音ミクの浮世絵木版画「歌姫東海道 初音未来」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまでウルトラマン、ドラゴンボールと続いてきた「ホビーストック浮世絵木版画シリーズ」に新作「初音ミク」が登場しました。

江戸時代から続く木版画を継承する職人たちと人気キャラクターのコラボレーションによって制作される浮世絵木版画シリーズですが、第3弾は初音ミクの浮世絵木版画「歌姫東海道 初音未来」

江戸時代の日本橋と富士山を背景に、和服姿でアレンジされた可愛らしい初音ミクの立ち姿。背景と全体デザインは京都の絵師冬奇氏が担当しています。

この木版画では合計21版の木版が彫りあげられ制作されており、色のグラデーションも見事に表現されています。彫られた21版もの木版を使用しなんと45回も摺り重ねされているとのこと。

そして使用されている和紙は、同シリーズ共通して使用されている、人間国宝・9代岩野市兵衛氏による越前生漉奉書紙。初版は100枚限定となっています。

同シリーズのドラゴンボール、ウルトラマンの他にも、最近ではロックバンド・KISSの浮世絵ルパン三世の浮世絵が販売されるなど、伝統工芸・木版画に関連した様々なコラボレーションが実現してきました。

初音ミクは最近では一般的にもバーチャルアイドルとして認知され、色々なアーティストとのコラボも行われてきましたので、今回の浮世絵木版画も注目のアイテムになりそう。

浮世絵木版画「歌姫東海道 初音未来」は2016年9月発売予定とのこと。

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

印伝の色気たっぷり!JAM x 印傳屋による洗練されたデザインの信玄袋&巾着袋が登場
桜満開の季節にぴったり!29種もの桜を写生した江戸時代の絵師 坂本浩然による「桜花譜」
美人画といえば喜多川歌麿!表情から内面を描く美人画・役者絵が集結「黄金期の浮世絵 歌麿とその時代」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP