ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「メタルギア新作」にゾンビ登場? 国内外で大混乱

DATE:
  • ガジェット通信を≫


8月17日、人気ゲーム『METAL GEAR SOLID(メタルギア)』シリーズ最新作『METAL GEAR SURVIVE』の制作が、公式Twitterで発表された。『メタルギア』ファンの間では、本作の敵が“ゾンビ”のような風貌であることが話題になっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

段ボールを被って敵地に潜入する「ステルスアクション」というジャンルを確立した『メタルギア』シリーズ。ゲーム・エンタメ情報サイト「IGN Japan」によれば、新作では、前作「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」の世界観を引き継ぎながら、「ステルスアクション」に「サバイバル」要素が追加され、最大4人での協力プレイが可能になったという。

公開された公式のトレーラー映像では、プレイヤーたちが“ゾンビ”とおぼしき異形の者たちと戦う姿が繰り広げられている。また、登場人物についても、過去作の人気キャラクターたちが本作で登場するかは、この映像だけでは判断できないなど、まだまだファンが気になる部分はベールに包まれているようだ。Twitterでは、

「新作のメタルギア映像見た感じもうこれバイオハザードでは?」
「トレーラー見たけど完全にバイオハザードやな・・・メタルギアの本来のテーマ、『戦地で核装備する兵器の武装解除』が微塵も見当たらない・・・・」
「もうこれメタルギアじゃ無いよバイオハザードだよ・・・PV映像見て何となく話しは分かったけどさ、わざわざメタルギアって付けなくて良いよね?」
「最初パロディかと思った。メタルギアは完結してるからこれは別ゲーと考えるべきなのかな…」

とゾンビらしき敵の登場に落胆し、まるで人気ゲーム『バイオハザード』のようだという声が相次いでいる。

さらに、『メタルギア』シリーズの産みの親であるゲームクリエイター・小島秀夫氏が、昨年12月にコナミデジタルエンタテインメントを退社した後の新作となるだけに、

「小島監督の関わらないメタルギアはメタルギアじゃないって思ってるけど、コナミの作る新しいメタルギアがどうなっていくのか楽しみでもある」
「メタルギアゾンビ、まぁ設定は酷いもんだし小島監督が抜けた後のコナミで作られるメタルギア自体がゾンビじゃねーかって悪い冗談なのもアレなんだけど」

と本作に小島氏が参加していないことも議論の的となっているようだ。

また、YouTube上で公開されている前述のトレーラー映像は、低評価が6万以上に上っている。海外ファンも多いだけに英語でのコメントが多数寄せられ、「this is not the metal gear i wanted.(これは私が望んでいたメタルギアではない)」「Why does this have so many dislikes? It’s metal gear solid right?(なぜ多くの低評価がついているのか? これは正しくメタルギアだろ?)」と海外でも混乱が生じている様子がうかがえる。

発売前から世界を騒がせる大作ぶりを改めて世に知らしめた新作『METAL GEAR SURVIVE』。果たして発売後には、ファンの期待を良い意味で裏切ることができるのだろうか。続報が気になるところだ。
(山中一生)

(R25編集部)

「メタルギア新作」にゾンビ登場? 国内外で大混乱はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

感慨深い2016年アニバーサリー1位
「ウイイレ終了」!? FIFAにJ参戦
PS4で遊びたいPS2作品 なに?
超現実を体験!VRアトラクション&イベント5選
メタルギアファン不安…小島氏退社

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。