ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「親捨て」提言の島田裕巳氏「墓も捨ててしまいなさい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お盆が終わったが、墓参りに“煩わしさ”を感じた人も少なくないだろう。掃除など、都会に住む人にとって、遠く離れた田舎にある墓の「管理」が重荷になっている現実がある。

 その問題に、宗教学者の島田裕巳氏が衝撃的な見解を示した。著書『もう親を捨てるしかない』で「親捨て」を提言した島田氏は、墓まで「捨ててしまいなさい」というのだ。

「親捨て発言では、人非人と呼ばれる非難も覚悟した」という島田氏。そんな彼の新たな提言が「墓捨て」である。

「地方を出て都会で暮らす人々にとって、田舎にある先祖代々の墓は負担でしかありません。実家の両親が健在ならまだしも、親が亡くなって周囲に頼れる親戚がいなければ、墓を維持する煩わしさは頂点に達します。墓にはその管理を担う墓守が絶対に必要です。墓守が不在ならば、“墓を捨てる”しかないんです」

「墓捨て」は、自身が提唱した「親捨て」に通ずるという。

「年老いた親の面倒を見る子供が介護殺人に走るケースが後を絶たない。親が重荷になり、家族主義が限界に達した現代社会を生き抜くには、“親を捨てる”覚悟が必要です。親という重荷を下ろして生きることが今の時代には必要であり、先祖や親の墓を“捨てる”ことも、その流れの延長線上にあります」

 楽天リサーチが2014年8月に行なった「お墓参りに関する調査」では、40代以上の全ての世代で、7割以上の人が年に一度は墓参りをしたと回答している。

 中高年にとって墓参りは生活の一部だが、島田氏は「実は先祖の墓参りという風習は昔からあるわけではない」と主張する。

「そもそもご先祖様と表現するように、先祖崇拝の対象となる方には“ご”や“様”がつきます。崇拝の対象となるのは、家名を引き上げるなど、歴史上で立派な功績を残した人々です。しかし、庶民の家系にそんな方は基本的にいません」

 日本では古来、名主や村長を務めるような村の名家は特別に「参り墓」を設けて墓参りをしたが、庶民の家にはそんな墓はなかった。

 代わりにあったのが、墓石の建てられない「埋め墓」だ。土葬の時代、遺体は村の共同墓地に葬られるのが普通だった。

 この時代、参り墓を持たない庶民が行なう供養は、仏壇や位牌堂が中心で、「当時は、家や寺以外にあるお墓を訪れ、墓前に手を合わせるという風習は庶民にはなかった」(島田氏)という。

 これが変化したのは戦後になってからだ。かつてほとんどの日本人は自分の生まれた土地で一生涯を過ごした。

 だが、高度成長期に人々が都会に出て生活するようになり、生まれ育った場所を離れるようになって初めて、“故郷”という概念が生まれた。

「この時、都会から田舎に帰省した人が、“わざわざ里帰りしたのだから、先祖のお墓参りをしよう”と考えるようになった。“故郷”の出現によって、“墓参り”という、それまでの日本になかった奇妙な文化が生まれたのです」

 ところが現在は少子高齢化や未婚、核家族化が進み、家族の力が弱体化した。それに伴い、多くの人にとって、先祖や親の墓を守ることが肉体的にも、財政的にも大きな負担となったと島田氏が指摘する。

「今は霊園の管理料を滞納する人が増え、寺の住職の話では、きちんと『檀家をやめます』と申し出る人は少数で、突然、墓の持ち主の家族と連絡が取れなくなり、墓が無縁化するケースが増えているそうです。もはや“親の墓を捨てる”ことは親不孝者によるレアケースとは言えない。

 これまでの故郷の墓を守るという“常識”に囚われていては身を滅ぼしかねません」

※週刊ポスト2016年9月2日号

【関連記事】
縁がない夫の故郷の土地の墓に妻は入らなくても良いのか?
行き場失った墓石の安置所が大忙し 「墓じまい」の急増が背景
霊園の遺骨宅配受け付け 持参する労力や交通費の節約で好評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP