体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松本清張賞の最終選考にも残った理系ミステリー!CodeIQ出題者・柳井政和氏が作家デビュー

プログラマだからこそのストーリー展開とトリック

柳井氏のミステリー作家デビュー作品『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』は、20代の女性起業家が主人公。人材派遣会社を経て、腕のよいプログラマを企業に斡旋するビジネスを立ち上げる。

ところが取引先で、自分の会社が送り込んだプログラマが企業データを暗号化して失踪。“身代金”を要求してくる事件が起こる。

出資者の紹介で調査の補佐役として紹介されたのが、鹿敷堂(かしきどう)桂馬。現れたのは、いかにもやる気のなさそうなプログラマだったが……。

プログラマだからこそのストーリー展開とトリック。“プログラマあるある”も随所に散りばめられ、プログラマなら面白さは倍増すること間違いなしの作品だ。

そしてこの作品、なんとストーリーのベースを貫くアイデアは、CodeIQがきっかけだったのだという。

「CodeIQの初期の頃は、いろいろな人のプログラムを採点するスタイルがメインだったんです。そのときに気づいたのが、同じ問題を解いてもらっているのに、千差万別のコードで解答されてくることでした。この人のコードはすごいな、という人もいれば、きっとこの人はビジネス系の人だな、という人もいた。コードからその人の背景が透けて見えるという貴重な体験をさせてもらったんです」

数百人のコードには個性があった。連続して出題していると、同じ人のコードを何度も見ることになる。

プログラマというのは、コードから人生や能力、職業観、人柄までも見えてしまうということです。この情報はいつか使える、と思っていました」

小説の中では、これが謎解きの重要なキーワードになっている。

ゲーム会社からボードゲーム制作で独立する

柳井氏がプログラムを始めたのは、大学4年のとき。以来、コミケ向けの同人ソフトなどを作るようになった。ゲーム会社の在職中に趣味で作ったフリーソフト「めもりーくりーなー」が、オンラインソフト大賞に入賞。その名が知られるようになる。

2002年に独立するが、実はこのときの事業はボードゲーム制作。子どもの頃から、ボードゲームが大好きだったのだという。

「小学生の頃、ファミコンを買ってもらえなかったので、友達の家で遊んで、家に帰ってボードゲーム化するという遊びをいつもしていたんですよね。いずれは自分でボードゲームの会社を作りたかった。ゲーム会社に就職したのは、社会経験が積みたかったからです」

クロノス・クラウン合同会社 代表社員 柳井政和氏
「マンガでわかるJavaScript」「プログラマのためのコードパズル」などの著者。「めもりーくりーなー」などのオンラインソフトも公開。シミュレーションゲームなど思考系ゲームを作るのが好き。http://crocro.com/

ゲーム会社では企画職で採用されたが、配属されたのは、まさかの新規事業。高級卵の訪問販売をしていた時期もあるという。そしてゲームの広報に異動。その後、ようやく企画に携わり、4年半で退職。もともと考えていたボードゲーム制作で独立した。

「ただ、ボードゲームを一年やってわかったことは、そんなに儲からないということです。ニーズがなかった。もうひとつは、在庫がたまっていくんですよね。アパートのスペースの半分が埋まってしまったこともありました(笑)」

そんなとき、オンラインソフト大賞の関係の飲み会で、「iアプリでRPGを作れるヤツはいないか」と声をかけられた。

「作ったことはありませんでしたが、シミュレーションRPGなら好きだから作るよ、と応えて。このとき初めて携帯電話を買ったんですよね(笑)。それで、プロの仕事としてプログラムをし始めるんです」

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。