体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドを渡り歩いた男が選んだ「ビリヤニがとびっきりウマイ店」を直撃! in 御徒町

f:id:naruse_e:20160805213711j:plain

スパイスをふんだんに使って手間暇をかけて炊き込んだ、インド・パキスタン界隈に古くから伝わる炊き込みご飯・ビリヤニ。その味を求め、インドを旅したビリヤニオーソリティーが「ウマイ!」と思ったお店に突撃してみました。

雑踏の御徒町に吹く、スパイシーな南インドの風!

こんにちは、いぬかめんと申します。現在、とある土曜日の午後5時過ぎ。

ここは上野の隣、御徒町にあるパンダ広場でございます。

あ、自分の姿が見えますでしょうか?

f:id:naruse_e:20160805213746j:plain f:id:naruse_e:20160805213751j:plain

すみません、恥ずかしがり屋なのでテディベアの人形の姿で失礼しております。

ちなみにタイトルにある、インドを渡り歩いた男は自分ではありません。

渡り歩いた男は、自分が私淑しております、日本ビリヤニ協会会長のビリヤニ太郎さんであります。ビリヤニ太郎さんからコメントもいただきましたよ。

f:id:naruse_e:20160805213822j:plain

今回はそんなビリヤニ太郎さんのおススメのお店である「アーンドラ・キッチン」へ!

ビリヤニは土曜日のディナーコースのみ、しかも10食限定のメニューなんですって。いやー、ドキドキしますね。

f:id:naruse_e:20160805213836j:plain

これから店内に入りますので、「いぬかめん」に変身させていただきました。仕事モードのときは、いつもこのビジュアルでやらせていただいております。(テディベアをひっくり返しただけに見えるかもしれませんが、気のせいです!)

ビリヤニを食べに来たものの、立て看板にある三角の食べ物も気になりますが…….。

さて、「アーンドラ・キッチン」とはどのようなお店なんでしょう?

f:id:naruse_e:20160805213854j:plain

なるほど、「アーンドラ」というのは地名なんですね! てっきりプロレスラーの名前かと思っていました。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。