体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

感情をうまくコントロールできる人が、絶対にやらない15の習慣

感情をうまくコントロールできる人が、絶対にやらない15の習慣

イライラや怒り、緊張と言った感情は、人間なら誰もが持っているもの。その感情から逃れることはできませんが、うまく付き合っていくことは可能です。

Elite Daily」のライター、Paul Hudson氏によれば、感情をコントロールすることで、精神的な強さも身につけることができるとか。そのためにはまず、「絶対にやってはいけないこと」を理解しておくことが大切です。

01.
人の注目を集めたがる

感情をうまくコントロールできる人が、絶対にやらない15の習慣

感情をうまくコントロールできる人たちは「まわりに注目して欲しい」などと望んでいません。他人からの注目を浴びたい人は、そうすることでしか自分の価値を確認できないのです。そんなことに左右されない、確固たる自信を持ちましょう。

02.
足を引っ張る人と一緒にいる

悲しいことですが、世界には嫉妬や憎しみなどの感情が渦を巻いています。そして、近くにいる人ほど私たちの足を引っ張ろうとするのです。

一方で感情をうまくコントロールできる人は、人の足を引っ張ろうとはせず、むしろ引っ張ろうとする人から離れていきます。嫉妬する感情は、巡り巡って自分にも返ってくることを知っているのです。

03.
過去のことを根に持つ

感情をうまくコントロールできる人が、絶対にやらない15の習慣

他人を恨んだり妬むことは、百害あって一利なし。相手が謝ってくれたのなら、許してあげましょう。もし謝罪がない場合も、恨み続けているとそれだけでエネルギーを消耗してしまいます。

04.
人任せにする

彼らは物事を誰かに強制されるのではなく、「自分がやりたい」からやっているのです。自分の船のオールは自分で漕ぎ、決して誰かに任せたりはしません。

05.
自己否定をする

彼らは自分自身を愛し、そして理解しています。自分を誇りに思っているし、そのことを恐れたりもしません。

06.
相手に不要な
プレッシャーをかける

感情をうまくコントロールできる人が、絶対にやらない15の習慣

相手の気持ちを無視して何かを強要することは、その人を傷つけます。感情コントロールがうまい人は、相手に不要なプレッシャーをかけたり、威圧することもありません。なぜならそれは、自信のなさが表れるからです。

07.
八方美人で
すぐに人を信用する

オープンマインドは良い人間関係を築き上げるために必要ですが、誰にでも心を開きすぎるのは考えもの。

モラルのない人や足を引っ張ろうとする人にまでいい顔をして、時間を使う必要はありません。時間は有限なのです。

08.
人を愛することを恐れる

もしもあなたが人を愛することを恐れているのなら、それは自分に自信がないから。自分には長い関係性が築けないと心の中で思っているから。傷つくことを恐れていては、本当の幸せはやってきません。たとえうまくいかなかったとしても、それはあなたのせいだけではないのです。

09.
朝からネガティブ

感情をうまくコントロールできる人が、絶対にやらない15の習慣
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。