ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美容と健康の強い味方! ひじきの特選レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

縄文時代から食べられていたというひじきは、日本人とはかなり長い付き合いになる海藻です。最古の記録では『延喜式』(927年)に朝廷への貢納品として選ばれたことが記されていて、その当時から煮物や和え物のように現代とさほど変わらない料理方法で食べられていたようです。

そんなひじきは栄養価も抜群。普段不足しがちなカルシウム、鉄分、マグネシウム、カリウム、リンが豊富に含まれていて、美容効果が期待できる食物繊維とビタミンAもたっぷり。さらに疲労回復にも役立つビタミンB1、ビタミンB2も多く含まれています。ここでは、そんなひじきをより美味しく食べることのできるレシピを紹介します。

まずは定番の煮物をチェック!

ひじきの煮物のレシピ | 料理サプリ

ごま油のコクと風味が嬉しいひじきの煮物。作り方も簡単で日持ちもするので、ぜひ常備菜に!

電子レンジを使ったひと手間で美味しさアップ

じゃことひじきのカリカリ梅煮のレシピ | 料理サプリ

水で戻したひじきを電子レンジで加熱することで味がより染みやすくなって深い味わいに。お酒のおつまみにもぴったりです。

ひじきがごちそうサラダに!

ひじきのデリ風サラダのレシピ | 料理サプリ

ひじきを使ったお手軽なごちそうサラダ。カレー粉と市販のフライドオニオンがスパイシーな香りとコクをプラスします。

ひじきを戻すときは水で15分~20分ほどつけましょう。急いでいるときはお湯を使うと戻し時間を短くできますが、50℃以上のお湯を使うと栄養分が流出してしまうので要注意です。

関連記事リンク(外部サイト)

実は栄養じゃなかった!? 「食べ物のカス」扱いされていた食物繊維
クエン酸パワーで疲労回復! 夏バテ防止に役立つ梅干しレシピ
今が旬! 甘み豊かで夏風邪予防にもなるズッキーニレシピ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP