ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の冷えを撃退!食べ物で代謝を高め、メリハリボディに♡

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏は冷たい食べ物や飲み物を過剰に摂取することで、内臓冷えを起こしやすい季節。冷えは代謝を低下させ、太りやすい体質を招いてしまいます。体内を温める食材を上手に摂取して、代謝の良い痩せ体質へ整えましょう。

体内を温める食べ物3つ

1. にんじん
冷えを改善させる野菜として有名なのがにんじん。にんじんに含まれる鉄分が血液の増産と血行促進を促します。にんじんの他には、豚肉や鶏肉、かぼちゃ、あさり、納豆などがおすすめです。


2. ネギ
ネギには「硫化アリル」という代謝を高める成分が豊富。玉ねぎやニラも同様の効果が期待できます。食欲増進効果もあるため、夏バテで食欲がふるわないときにもぴったりです。


3. 生姜
冷えの改善といえば「生姜」。生で食べると内臓を冷やしますが、加熱調理して食べることで体内を温めたり、血行を促進したりする効果が期待できます。すりつぶして炒め物に加えれば食事で摂取することができますし、紅茶に加えて生姜紅茶にすれば、飲み物として摂取することができますよ。

夏は食べ物を工夫して代謝を高めよう

「暑いから」と冷たい清涼飲料水やアイスクリームを食べてばかりいませんか?冷たくて甘い食べ物の過剰摂取は、内臓を冷やしてはたらきを減退させるだけでなく、栄養バランスを脂質や糖質に偏らせて代謝を下げてしまいます。

特に、代謝を高めるビタミン・ミネラルや、新しい細胞の材料となるたんぱく質はしっかりと摂取するようにしましょう。ビタミン・ミネラルは野菜や果物に、たんぱく質は肉や魚、卵、乳製品、大豆製品に豊富です。ご紹介した体内を温める食材に加えて、バランスよく摂取してくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

姿勢を決めているのは舌の位置だった?舌を正しい位置に保つエクササイズで美姿勢キープ
髪の毛トラブルの原因が潜む生活習慣3つ!ダイエットや美肌づくりにも効果的♪
それダメ?!ウォーキング情報の迷い子にならないための「審美眼」を養う!
シミを防止するキャリアオイルって?メラニン産生を抑制するオイルで美肌に!
ダイエットが上手くいかない人は〇〇〇中毒?ドーパミンダイエットの真髄

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP