ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これなら簡単!お弁当を「可愛くデコる」5つのテクニック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まだまだ人気のお弁当デコ。作ってもらった人が喜んでくれるのはもちろん、自分も楽しめるのでハマる人が続出しています。

しかし、たまにSNSなどで見かけるクオリティの高いお弁当デコは、これから始めてみたい人からすると、かなりハードルが高く感じるかもしれません。

そんな人でもすぐに試せる5つの簡単デコテクが、こちら!

01.
ほうれん草の三つ編み

ほうれん草の根本を残して茹でたら水気を切り、あとは三つ編みにしていくだけです。卵焼きに添えるとより一層、彩りのよいおしゃれなお弁当になります。

02.
ちくわの小鳥

輪切りにしたちくわの穴に、コーンを2つ埋め込みくちばしに。そして、黒ごまで目を、トマトケチャップでほおをつくりましょう。食べるのがもったいないくらい、愛らしい小鳥が完成。

03.
魚肉ソーセージで花びら

魚肉ソーセージをななめ薄切りにしたら、あとは三角形の切れ目を入れるだけ。お料理が苦手な人でもかわいく仕上げられます。

04.
食べられる海苔のおさら

シリコンカップと同じくらいの大きさに海苔を切ります。その海苔を2つのシリコンカップで挟み、600Wのレンジで20秒~30秒加熱。あっという間に食べられる海苔のおさらの出来上がりです。

05.
りんご風プチトマト

プチトマト、枝豆、フライドパスタを用意しましょう。プチトマトの上に枝豆をのせて、フライドパスタを刺して固定すれば出来上がり。コロンと可愛いだけでなく、彩りにも使えるので万能です。

ちょっとの工夫でお弁当は可愛くなるものです。これまで面倒だと感じていた人も、まずは1品、また1品と、作っていくうちに楽しくなるかも。

関連記事リンク(外部サイト)

超簡単レシピ!「ちくわ」でシュウマイが作れるって知ってた?
缶詰だけでOK!家呑みに「和風アクアパッツァ」はいかが?
SNSで話題の「花束みたいなブーケサラダ」を作ってみたい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。