ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石野卓球「火葬場で焼かれるときまでふざけていたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜22時からの番組「OTHERS」(ナビゲーター:ふかわりょう)。8月20日のオンエアでは、電気グルーヴの石野卓球さんがゲストに登場。絵音さんも一緒に、卓球さんのテクノ人生に迫りました。

オンエア開始早々から、おやじギャグ&下ネタトークが炸裂しまくりの卓球さん。爆笑が止まらない絵音さんは、初対面の卓球さんに思わず「こういうおじさまいますよね、飲み会とかでずっとおやじギャグをやっているような」と感想を漏らすほど。

そんな卓球さんのギャグ連打に気を取り直して、卓球さんが8月3日にリリースしたソロアルバム「LUNATIQUE」について迫ろうとするナビゲーターのふかわですが…。

ふかわ:6年ぶりとなるソロアルバムですが、音のトレンドは意識するものですか。

卓球:おじさんが若い子のファッションを真似て、失敗している感じがあるじゃないですか。それの醜さを知ってからやめました。

ふかわ:自分のスタイルを貫いているんですね。でも、今日はポケモンGOデザインの派手なキャップをかぶっていますが。

卓球:お店で見て、これは、俺以外かぶれないだろうなと思って。

絵音:そういうギャップが、かわいい格好いいですね。

卓球:いや、GAPでは買っていないです、ZARAです(笑)。

(中略)

ふかわ:さあ、気を取り直して。卓球さんの中で格好いい音か、格好よくないか音かという尺度はありますか?

卓球:それはありますよ、それは大事じゃないですか。あと、ここに入るにはちょっと変わった音とか、ここはベタな音がいいというのはありますよね。アナログシンセが好きなんですけど、その中でどういう音を…という感じなので、そんなに悩まない。

ふざけつつも、音楽の質問に関しては真面目に答えてくれる卓球さん。しかし…

ふかわ:でも12秒ですね、真面目に答えてくれるのは…。12秒経つと、また崩壊。

卓球:ずーっと、ふざけていたいです。火葬場で焼かれるときもふざけていたいんです!

長時間にわたってDJをプレイすることが好きだという卓球さん。3時間の予定をオーバーして6、7時間とDJをすることも多いのだとか(!)。それも、なるべく長くお客さんに楽しんでほしいという想いから。そんなサービス精神が、息をもつかせぬ爆笑トークを培ってきたのでしょうね。

なんと、8月27日(土)のオンエアに登場するのはTOKYO SHOCK BOYSこと、電撃ネットワーク! 次回も一体どんなオンエアになるのか見当もつきません…。お聴き逃しなく!

【関連サイト】
「OTHERS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/others/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP