ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の暫定世界遺産7スポット その穴場的魅力を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界遺産登録を目指して、国がユネスコ世界遺産センターに提出する暫定リスト。現在これに記載された国内7つのスポットの魅力を紹介しよう。『日本ザンテイ世界遺産に行ってみた。』(淡交社)の著者で旅行エッセイスト・宮田珠己さんおすすめの穴場スポット情報も必見だ。

【北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群】(北海道/青森県/岩手県/秋田県)

 北海道と東北3県に点在する縄文時代の計17遺跡で構成。

「中でも青森県の是川遺跡に隣接する八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館がおすすめ。国宝の『合掌土偶』や、目の部分が異様に大きい『遮光器土偶』がおしゃれに展示されていて、縄文文化のイメージが変わりますよ」(宮田さん・以下「」内同)

【平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-(拡張)】(岩手県)

 奥州平泉では浄土思想が発展し、阿弥陀堂や浄土庭園を確立、鎌倉の寺院や庭園にも影響を与えている。平成23年に世界遺産登録された際に注目された中尊寺金色堂などが有名。暫定リストでは、それらの構成資産に、奥州藤原氏の居館とされる柳之御所遺跡などの5件を加えた形で拡張申請している。

【金を中心とする佐渡鉱山の遺産群】(新潟県)

 1601年から400年間も採掘が続いた金銀山と、その鉱山技術の変遷を伝える遺跡や建造物。

「廃墟マニアの心をくすぐる北沢浮遊選鉱場や、船のような形をした家が連なる宿根木(しゅくねぎ)の町など、当時の様子が偲ばれます」

【古都鎌倉の寺院・神社ほか】(神奈川県)

 日本初の武家政権誕生地として、源頼朝が幕府を開いた鎌倉。鎌倉大仏をはじめ歴史的文化財が数多く点在する、言わずと知れた観光スポットだが、2012年、国から推薦書を提出するもイコモスから不記載勧告を受ける。その要因を分析・検証し、再推薦に向け取り組み中。

【百舌鳥・古市古墳群】(大阪府)

 大阪府堺、羽曳野、藤井寺の3市にまたがる古墳群。巨大な古墳の周りに、中小の古墳が点在する。

「スーパーの敷地内にある鏡塚古墳や、高速道路の高架下にある赤面山古墳など、人々の生活の中に古墳が紛れ込んでいる様子がおもしろいんです」

【彦根城】(滋賀県)

 明治時代に廃城令で解体寸前だった彦根城は、北陸巡幸帰りの明治天皇が保存を命じたことで解体を免れた。国宝の天守は切妻破風(きりつまはふ)、入母屋破風(いりもやはふ)、唐破風(からはふ)を組み合わせた美しいデザイン。

「犬山城や松本城など、ほかの国宝の城と連携して登録を狙うという策も検討されているようです」

【飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群】(奈良県)

 推古天皇が即位してから、平城京に遷都するまで、日本の首都として政(まつりごと)が営まれた飛鳥・藤原宮。古代の記憶が眠るこのエリアには、宮殿や寺院跡、また石舞台古墳などをはじめとする古墳が数多く点在。1300年の時を超え、現代でも身近に「古代」を感じることができる。

※女性セブン2016年9月1日号

【関連記事】
世界遺産が最も多い国はイタリアで47件 日本は16件で14位
日本人が「いつか訪れたい世界遺産」 1位は「屋久島」70.3%
世界遺産登録で売り上げ3倍 “富士山仕様”のカラーコーン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP