ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ノーテイクバック投法」球児 将来の目標は消防士

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 甲子園には届かなかったが強すぎる個性で地方大会を沸かせた「常識破り」の球児たちがいる。山形県予選で「ノーテイクバック投法」で打者を翻弄したのが、庄司海斗投手(日本大学山形高校3年=県予選準々決勝敗退)だ。

 1年春からベンチ入りした左腕エース。秋に調子を落とし悩んだが、荒木準也監督と相談しながら、2年の冬にたどり着いたのが「ノーテイクバック投法」だった。

 ヒントは「投手と内野手との連係プレー」だった。庄司投手が振り返る。

「クイックモーションで投げた方が、球速が増してキレのある球が投げられました」

 元々は大きなテイクバックの投球フォームだったが、この投げ方にしてから打者から手元が見にくくなり、三振がとれるようになった。練習試合ではノーテイクバック投法がさえ渡り、甲子園に出場した東北(宮城)や作新学院(栃木)から白星をもぎ取ったこともある。

 憧れの甲子園には届かなかったが、「将来の目標は消防士」と頼もしい。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■古内義明

※週刊ポスト2016年9月2日号

【関連記事】
江川卓在籍時の作新監督 2年連続甲子園出場逃し更迭された
金田正一が苦言 江川卓の100球肩から球界に悪習が誕生した
延長15回裏サヨナラヒット ベース踏み忘れで甲子園幻の事件

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP