ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“イマドキ東大生”針間くん「目指すなら絶対に1番!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本一チャラい東大生としてテレビなどに出演する、東大理科III類1年生の針間貴己くんが、様々な話題を独自目線で斬る本連載。2回目となる今回は、サイエンスやスポーツ、受験の世界にも通じる「常に1番を目指す姿勢」について語ってもらった。

 * * *
 皆さんは蓮舫議員のあの発言を覚えているであろうか?

 そう、「2位じゃだめなんでしょうか?」というやつである。

 これは09年、民主党による事業仕分けの際に、スパコン(スーパーコンピューター)の性能ランキング世界1位を目指す研究者たちに対して言い放ったセリフである。

 当時僕は、普通に「2位じゃだめだろ」と思った。というのも、サイエンスの世界では1位と2位の扱いに大きな差があると思う。わかりやすくいうと、例えばある元素を誰かが1番に見つけて、その後に別の人が同じ元素を見つけても、命名権を持つのは最初に見つけた人である。

 あらゆる人が1番を目指して競争し全力を尽くした結果としてサイエンスは進歩し、スパコンも進化してきた。

 サイエンスの世界に限らず、蓮舫議員が身を置かれている政治の世界こそ、1番と2番の差はもっと顕著であろう。第一政党と第二政党の差を考えていただければ明らかである。第一政党を狙える立場にあって、それを狙わない政党があるだろうか?

 宇宙だってそうだ。人類で最初に月に降り立ったのは、ニール・アームストロングだが、あなたは人類で2番目に月に降り立った人が誰か知っているだろうか?

 現在オリンピックに世界中が熱中しているが、陸上100mで歴代1位の記録を持つウサイン・ボルトに比べ、2番のタイソン・ゲイの知名度は一気に落ちる。多かれ少なかれどこの世界でも1番に比べ2番は一気に扱いが落ちるのだ。

 そして多くの場合、2番を目指していたら2番にもなれないのが現状だ。

 それはなぜか。

 手を抜いているからである。2番を目指すというのは、意識するかしないかに関わらず、基本的に1番を取らないよう、どこかで微調節をしているのである。「まあ1番でなくてもいいや」と。

 先の蓮舫議員の例を見れば、「2位じゃだめなのか?」ということは、すなわち「予算削減させろ」ということであった。事業仕分けなので当然である。これは別に、2番になる分には「お金はそこまでいらないだろ」という考えが根底にある。

 ここで僕は声を大にして言いたい。

 「勝負なめんなよ!!」ということである。

 なめた気持ちで挑んで2番になれるほど、勝負の世界は甘くない。そこで仮に2番になれたとしても、本来全力を尽くしていれば1番になれたかもしれない可能性を自らつぶしている。

 これは非常にもったいないことである。金メダルを目指して頑張ってきたオリンピック選手にむけて、勝負する前から「銀メダルじゃだめなの?」なんていう人がいるだろうか。

 また、1番でありつづけることがいかに難しいかについても書いておきたい。

 どの世界でも1位付近では多くの個人やチームが、大抵は団子状態になる。その中でうかつなミスをしてしまうとそれは命取りになりうる。基本的に1番の人にはミスは許されないのだ。

 僕の専門分野である、大学受験についても同じことが言える。

 受験の場合、1番といっても「全国で1番」という意味の「1番」と、「全国で1番難しいところ」という意味での「東大理III」があるが、前者の意味する1番はえげつなく難しい。

 僕は高校時代、ささいなミスすら命取りになるプレッシャーがひしひしと重くのしかかってきて、受験は楽しいものであると同時に嫌いでもあった。

 4000番台くらいの人には、どうってことないだろう。しかし、1番の人が10点落として100番になるのは、かなり精神的にダメージがくる。これほど、トップ層のプレッシャーはえげつないのなのだ。

「うわ~、ケアレスミスしちゃった~」という、受験あるあるなセリフひとつとっても、誰が言っているかによって、そのミスの重みは大きく異なるのである。

 トップ層の人間は、このようなプレッシャーの中で戦っているから、受験を通して精神的にも鍛えられるのだ。

 例えば、医学部の最難関の東大理III。2番目に難易度の高い大学といえば、東京医科歯科大学や慶應大学医学部があるが(これらは東大理Iや理IIよりもはるかに難しい)、それでも、東大理IIIに比べたら断然簡単である。偏差値以上に、実際の難易度の違いが大きいのだ。

 なぜならば、東大理IIIは全国のトップ集団の中の争いなのに比べて、それらの大学はトップ集団を除いた中での争いだからである。

 ただしこれは受験に焦点をおいた話であって、東大医学部が他大医学部に比べて優れている、ということを言っているわけではない。むしろ開業するなら私立大医学部のほうが良いのではなかろうかとも思う。

 話がそれたが…、ともかく、中高を過ごした筑駒(筑波大学付属駒場)の友人たちの実績を見ると、最初から東大理IIIを目指していた人たちのほうが、他大にレベル下げした人よりも合格率が高かった。東大理IIIを目指すならば全力を尽くすが、目標のレベルを下げると、やはりどこかで手を抜いてしまっているのだろう。

 だから、目指すならば必ず1番!である。

 * * *
針間貴己(はりま・たかき)。19才。この春、現役で大学受験の最難関である東京大学理科Ⅲ類に成績上位入学。現在は学業のかたわら、学生起業家としてアプリを開発するほか、「日本一チャラいイマドキ東大生(イマ東)」としてのテレビや雑誌などメディア出演も多い。夢は、医療系ベンチャーの起業で世界を変えること。ツイッター(@harimatakaki)での発信にも注目が集まる。

【関連記事】
偏差値29の生徒が東大に合格するための77の勉強法
1969年の東大入試中止事件 東大目指す現役受験生の進路は?
東大OB評論家が東大卒官僚や学者のダメさ加減を指摘した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP