ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の甲子園 観客がタオルをぐるぐる回すことの是非

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の夏の甲子園が今日で終わる。だがオリンピックもそうであるように、アマチュアスポーツの魅力は勝利だけにあるのではない。現地で取材を続けているフリー・ライターの神田憲行氏が甲子園で目撃したフェアプレーをお届けする。

 * * *
 大会前にネットで評判を呼んだのが、島根代表・出雲の林将大捕手の行動だ。島根大会で優勝を決めた瞬間、マウンドに集まるチームメイトの歓喜の輪を加わらず、グラウンドに放置されたバットを拾って相手ベンチに届けた行動が動画で広まり、が「冷静」「紳士的」と絶賛された。

「バット引きはいつもやってることなんで、ちゃんと最後までやってだけです」

 と、林選手は私の取材に照れた。「バット引き」とは、相手打者が打って投げ捨てたバットをグラウンドから引いて渡すことを指す。いろんな人から褒められたそうだが、

「監督と部長先生には褒められていません!」

 と笑いながら、わざと大きな声でアピールした。部長がいちばん喜びそうなのに、と不思議に思って同校の藤井勝洋部長に訊ねると、自分の浅さを思い知らされた。

「うーん、そういうことって褒めることなんでしょうかね? 褒めると次もやれって、こちらから指示したことになってしまう感じがするんです。彼が取った行動は素晴らしいものです。ですが、監督や部長から言われてするものではないでしょう」

 出雲は大会初日に智弁学園に敗れた。試合後、インタビュールームで目元を赤く染めながら取材に答える林選手の姿があった。私もその輪に加わって話を聞いていると、突然林選手が「あ、すいません、立っているのは僕だけですね」と腰掛けていたベンチから立ち上がった。取材には帽子をとって起立して答える、というのがマナーとされてるいる。私個人は立ってようが座っていようがどうでも良いし、むしろ試合後は疲労あるだろうから、立たなくてもいいとすら考えている。林選手のマナーの良さより、あの状況で周囲を観察する視野の広さに感心した。「扇の要」と評される捕手にふさわしい人柄だと思った。

 出雲の植田悟監督は、選手にいつも気配りの重要性を選手に教えているという。

「今は他者への配慮がとくに必要な時代ですからね。また、相手の気持ちを常に想像していると、試合でも相手の意表をつくプレーができるようになる」

 そう、マナーは礼儀にとどまらず、野球の「質」にもかかわってくる。

 投手はイニングの「三つ目のアウト」をちゃんと確認してからマウンドを降りなければならない。とくにランナーがいて野手がエラーをしたとき、投手はカバーリングに回る必要があるからだ。今大会ではゴロが転がった瞬間、フライが上がった瞬間、野手の方を見もしないでマウンドを降りていく投手がいてがっかりした。かつて松坂大輔投手と対戦したPL学園コーチの言葉を思いだした。彼は松坂投手の弱点を見つめるため横浜高校の試合を観察して、あることを発見して驚嘆した。

「松坂は三つ目のアウトをちゃんと確認してからマウンドを降りるんですわ。あんな騒がれている投手なのに傲慢なところが微塵もない。彼相手に隙をつくような奇襲は通じないとわかりました」

 それでPL学園は正攻法で打って勝つしかない、と覚悟を決めたのである。

 龍谷大平安高校の原田英彦監督は、

「本当の1流ほどそういう隙は作らない」

 という。

「外野手でも他の野手がフライを捕るときに、カバーに走らないでガッツポーズしてたりするのがいるんですよ。ホームランを打ったときにプロ野球選手のマネをする選手もいます。そういう選手は甲子園の雰囲気に飲まれて、自分に酔っているんです。気持ちに波があり、たぶんふだんの練習でもそういう態度が出ているんじゃないですか」

 そしてマナーは選手だけでなく、観客にも求められる。

 大会8日目第三試合、東邦対八戸学院光星戦では、東邦が9回に5点を挙げて劇的な逆転サヨナラ勝利をおさめた。印象的だったのは、東邦アルプスの応援に乗って、プロ野球応援でよくみられる「タオル回し」が外野から東邦側の一塁内野席からバックネット裏、さらに八戸学院光星の三塁側ベンチ上まで到達していたことだった。タオルが回っていないのは八戸学院光星のアルプスだけだった。記者席のそばで笑いながらタオルを回しているお客さんが、まるで追い詰められた人間を楽しんでいるように見えて私の心は痛んだ。

 得点差を諦めないで追いかけていく東邦のプレーは感動的だった。ブラバンが踊るように演奏する東邦アルプスも素晴らしかった。その輪の中に自分も入りたいという観客の気持ちもわからないでもない。だがこれはプロ野球ではない。マウンドに立っているのは18歳の高校生なのだ。私もまだ観客が残っている試合後のグラウンドに降りて取材をしたことがあるのでわかるのだが、グラウンドから観客席は意外なほど近く感じる。飲んでいるペットボトルの銘柄もわかる。その近さでタオルをぐるぐる回されたら、マウンドの投手はどのように感じるだろうか。

 試合後に八戸学院光星の桜井一樹投手はこうコメントした。

「マウンドから自分たちのベンチの上のお客さんまでがタオルを回しているのを見て、みんな敵なんだなと思いました」

 2011年夏から3季連続で甲子園の決勝戦に進出した実績を持つ同校の仲井宗基監督は

「甲子園のまた別の顔を知りました」

 と苦笑した。

 せめて守っている側の席に座っている観客は、そのような応援の列に加わらない節度が必要ではないだろうか。

 これが本当の甲子園の応援だなと感じたのは、初戦で明徳義塾に敗れた境のライト勝部浩平選手の試合後のコメントだ。

「楽しめました。自分はライトで(対戦相手の)明徳義塾のアルプスの近くなんですが、フライを捕ると拍手してくれるんですよ。(相手が常連校なので)完全にアウエーになるかと思ってたら、甲子園は全部のお客さんが応援してくれるんだなと思いました」

 甲子園は優勝しても初戦で敗れても、選手たちに良い想い出を残す場であってほしい。

【関連記事】
夏の甲子園 大会通算戦績で最も強い地域は近畿で勝率は.596
夏の甲子園 学校別通算勝利数の1位は愛知の中京大中京76勝
黒田博樹や柳田悠岐も 甲子園不出場組のプロでの活躍目立つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。