ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PCサポート月1万5000円「詐欺」「妥当」とネット激論

DATE:
  • ガジェット通信を≫


高齢の父親が、パソコン量販店「PC DEPOT(PCデポ)」の高額なPCサポート契約を結ばされていたというツイートをもとにした“炎上”騒動を受けて、ネット上では激論が交わされる事態に発展している。

【もっと大きな画像や図表を見る】

ことの始まりは、8月14日に投稿されたあるツイート。「80歳を過ぎた父親が、PCデポに毎月1万5000円の“PCサポート契約”を結ばされていて、契約解除にも10万円支払う羽目になった」という旨のものだ。これが瞬く間にネット上で拡散され、多くの批判が集まることに。

8月17日には、運営会社「ピーシーデポコーポレーション」が「使用状況にそぐわないサービスの変更や解約の無償化」「70歳以上の加入希望者は家族の確認が必要に」といった改善策を発表した。

ツイッターでは、

「サービスの価格は適正価格で顧客が必要あるものを提供しなければ、その企業はアウト」
「少し前も認知症の高齢者に高額なリフォーム契約結ばせた業者とか、バカ高い浄水器や羽根布団買わせるとか今までもあったよね。PCサポートはそれと同じ匂いがする」
「やり口が詐欺ですよね。PCサポート界全体がまともじゃないイメージになるのは提供者にとっても利用者にとっても不幸せです」

と、PCデポや同様のサービスを批判する声が上がっている一方で、

「老人というかPC良く分からん人のPCサポート月1.5万だいぶ安い気がするんだけどどうなんだろ」
「話題になってた高齢者へのPCサポートの料金が高いか安いか、一度でも初心者にPC指導したことあるかどうかでぱっかり割れてる気がします」
「PC関連のサポート業務やってるから分かるけど、客先や周りからは高い言われる値段だったりするけど、やってる身からしたら妥当だからね」
「PCサポートの人間としては料金自体はウチより高いなーとは思うけど、訪問出張がN回無料とかなら月15000円でも別に、という気はする」

など、“妥当”“高くはない”などの意見も見られる。

高齢者の「PCサポート」の価格をめぐり、議論が高まっている現状。消費者庁などの公的機関が、規制や基準を設けることはあるのだろうか? 高齢の親を持つ人などは無関係と言い切れないだけに、今後の動きに世間の関心が集まりそうだ。
(山中一生)

(R25編集部)

PCサポート月1万5000円「詐欺」「妥当」とネット激論はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

車の運転は何歳まで? 60歳、75歳…当事者たちの意見
存在知らない人も… 「スクリーンセーバー」もう不要!?
「PC使えない学生」は“問題なのか?”議論勃発
Nスペ「介護殺人」特集 “重すぎる内容”に絶望
そろそろ実現化してほしい薬1位「視力回復薬」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。