体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都心に突如現れたサーキット! ド素人編集者がポルシェ 996 GTで挑むタイムアタック

▲レースの緊張感はサーキットならでは。スタート前に最速ラップで走るイメージをつくる

筑波サーキットを激走! スピードを追い求めたその結果は?

目の前には筑波サーキット、ポルシェ 996 GTに乗り込みハンドルを握っている。高鳴る鼓動を抑えられずにいた。

スタートの合図にアクセルを徐々に踏み込む。ポルシェのエンジン音が鳴り響きハンドルを握る手にも力が入る。 最初のラップはスピードを出しすぎず、周りにある目印を元にどこでアクセルを踏み、ブレーキを踏むか、強烈にイメージをたたき込む。ライン取りも決まったところで、さぁ、いざタイムアタック!

筑波のコースをイメージしきったところでスタートだ。まずはメインストレートで思いっきりアクセルを踏み込む。グングン加速し第1コーナーに突っ込む。アウトインアウトが基本のライン取りだが、第1コーナーでは残り100mで、少しインにノーズを向けフルブレーキをかける。体に力が入り、グググッとGが体全体を襲う。スピードが落ちたところでシフトダウンしカーブに突入。次のS字をイメージしながら立ち上がりのアクセルを踏むタイミングに意識を集中させる。「焦ってはだめだ! しっかりと曲がりきってから」

S字を抜けると第1ヘアピン。さらにはダンロップコーナー、80Rコーナーを高速で抜け、第2ヘアピンへ突入。一瞬でもブレーキのタイミングが遅れると、曲がりきれない。曲がりきれずクラッシュしたときの映像がフラッシュバックする。恐怖と闘いながらギリギリのタイミングでブレーキをかける。何とか曲がり切れた。この瞬間が快感だ。

それを抜けると、900mの長いバックストレートが続く。ここでは最高速度200kmを超える。ビリビリとハンドルから振動を感じ、90+110Rの最終コーナーに突入。100km以上で曲がる高速コーナーだ。これを抜ければメインストレート。さらにアクセルを踏み込みエンジン音が鳴り響く。さぁタイムは……1分8.37秒。

筑波サーキットのツーリングカーにおけるコースレコード、1分3.59秒には4秒及ばずだが、なかなかの善戦である。30分のタイムアタックを終え、コックピットから出たときには、汗ビッショリだった。目標タイムの、1分6秒台まであと少し。今日の課題をしっかり把握して、次に生かそう!

あまりのリアルさに本気で本物と勘違い!

「はーい! お疲れ様でした」という声で、我に返る。さっきの汗が嘘のように、部屋は涼しい。ここは東京メトロの赤坂駅近くにある東京バーチャルサーキット(通称:TVC)。都内でサーキット走行のシミュレーションを体感できる場所。集中しすぎて忘れてしまうが、先ほどのタイムはシミュレーションでのもの。何を隠そう私もサーキットで走行2回目のド素人である。ではなぜ、そんな私がシミュレーションとはいえ、そんなタイムを出せたのだろうか?

シミュレーションといってもテレビゲームの延長戦上のようなものとは訳が違う。7メートルの大型スクリーンの前に、ポルシェ 966 GTのコックピットを設置。 さらにグローブ必須のステアリングは、ダウンフォースがかかると重みを増し、縁石に乗ったときや、マシンの挙動が乱れたときなど、実際のレーシングマシン同様のトルクでのキックバックが再現されている。リアルすぎる乗り味に、皆30分のトレーニング後は汗だくになるほど。まさにバーチャルサーキットなのだ。中には、シミュレーションなのに、車酔いしてしまう人すら出るという。

▲マンションの1階にある東京バーチャルサーキット。外観からは中に広がる本格的なシミュレーションはイメージできないが、実際は?

▲マンションの1階にある東京バーチャルサーキット。外観からは中に広がる本格的なシミュレーションはイメージできないが、実際は?

▲視界のほぼすべてをカバーする7mの巨大スクリーンと、実車同様のステアリングフィールを誇る、高精度の大型レーシングシミュレーター
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。