ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

つわりの最中、母が旦那に送った一通のメール。周りの温かさで辛い時期を乗り越えた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

つわりは自分の母親に似る”と、実際につわりが始まるより前、職場の人に教えてもらった。

母親は、『つわりはあったけど、仕事もしていたし、そこまでじゃなかったよ~』と軽い感じ。だから私はつわりの恐ろしさを知らなかった。 関連記事:つわりの症状が実母そっくり!マスカットならOKなんて、早く聞けばよかった

妊娠3カ月までは、何事もなく、仕事も順調だった。

やつは突然現れた。身体の怠さ、発熱、吐き気、嘔吐、食欲不振、そして吐血。

体育会系だった私は、自分には厳しい方の人間だと思う。けれど、つわりには敵わなかった。

2ヶ月もの長い間、寝たきりになった。周りの人に迷惑をかけたくないというのも、特に辛く感じた理由の一つだった。

食べたら吐くを繰り返し、トイレで泣いたこともある。

お風呂の湯気やシャンプーの匂いが気持ち悪く、お風呂に入ることすら嫌だった。

いつまでこれが続くんだろう。と、夜になると情緒不安定になり、泣いていた。

身の回りの世話をしてくれたのは、旦那だった。洗濯や掃除、ご飯の準備など、嫌な顔せずやってくれた。

寝起き、気分がすぐれない私に、梅干し入りのおにぎりを毎日作ってベッドまで持ってきてくれた。

ただ、朝早く、夜遅く帰ってくるため、何かしらの買い物は自分でしなければならなかった。

その時に手伝ってくれたのは、母親だった。買い物に行きたいと連絡をして、迎えに来てもらい、一緒に買い物をした。

以前買い物に行った時、途中で気分が悪くなり、一人で買い物をすることが怖くなってしまった。だから、母親と買い物出来るとこは心強かった。

そして、母親が旦那に送ったメールで私は勇気づけられた。

“いつも娘を大切にしてくれて、ありがとう。新しい命を授かったこと、本当に嬉しいね。今はつわりでしんどくて、娘のワガママばっかりで大変だと思います。ただ、子育ては、このつわりから始まってます。二人で乗り越えていってくださいね。何かあれば私も力になります。その時は連絡してくださいね” 関連記事:つわりのピーク!辛い気持ちに寄り添ってくれた、旦那さんの言葉に感謝

もし、つわりで悩んでいる人がいたら、教えてあげたい。

つわりは本当につらいし、周りにはなかなか理解されない。けど、助けてくれる人はすぐちかくにいるということを。

著者:まりりん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

匂いに敏感になり、とにかくいつも気持ち悪い!通勤電車がこんなに辛いとは…
いつもの生理不順だと思ったら…。不正出血をきっかけに発覚した妊娠
土壁が食べたい、雑草が美味しそう…!? こんなおかしな感覚も妊娠の兆候だった!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。