ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天皇陛下の「お言葉」 国民の消費生活にもご配慮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月8日午後3時。天皇陛下はビデオメッセージを通じて国民に「お気持ち」を示された。時間にして11分だった。7月13日、陛下が「生前退位」の意向を示されているとNHKが報じて以来、摂政を置けばいいのではないかという意見が政府や一部の論客から出ていた。陛下はそれに答えるように、こう述べられた。

《天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません》

 天皇や皇室にまつわる法律である皇室典範第16条第2項には、

《天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、国事に関する行為をみずからすることができないときは、皇室会議の議により、摂政を置く》

 とあるが、それを遠回しながらもはっきりと拒否されたのだ。京都産業大学名誉教授の所功さんが言う。

「昭和天皇は昭和63年秋に大量吐血され、明日をも知れぬ状態になられたときでさえ、摂政を置かなかった。それは、昭和天皇が皇太子時代の大正10年から重病の大正天皇にかわって5年間、摂政を務められ、お父上がおられるのに天皇の代行をすることの難しさを経験してこられたからです。そのいきさつを陛下は充分ご存じですから、摂政を置くということはよくないとお考えになられたのでしょう」

 神戸女学院大学准教授の河西秀哉さんは「かなり踏み込んだご発言です」と話す。

「つまり、天皇自身が生前退位以外の選択肢を排除し、今の皇室典範では対応できないと主張している。生前退位のために新しい皇室典範に改正してほしいというメッセージとも受け取れます」(河西さん)

 安倍首相は陛下のお言葉を受けて、「重く受け止めています」などとコメントを読み上げたが、陛下の全身全霊の思いをどこまで感じ取っているのか。放送大学教授の原武史さんは言う。

「すぐに対応しては天皇の発言が政治的なものと認めることになる。かといって世論調査で9割近くが生前退位を支持するという『民意』が示されている以上、黙殺もできない。対応に大わらわでしょう。有識者会議を作るということですが、いつまでも議論を続けていては結局この『民意』に背くことになります」

 陛下が「生前退位」という直接的な表現を避けつつも強いお気持ちを示されたのは、ただ「象徴としての務めが果たせない」という理由だけではない。お言葉の中ではこうも語られている。

《天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。

 更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます》

 前出・所さんはこの発言に「そこまで配慮されているのか」と驚いたと話す。

「昭和天皇のご闘病が111日間続いた時、国民の気持ちが暗くなり、悲しみに沈んだことを思い出します。崩御後の1年間も、かなりの行事や催し物が中止されるような自粛が続きました。

 それは昭和天皇に対する敬慕と哀惜の表われですが、CMで“元気”という言葉がカットされるなど、過剰な自主規制も見られました。その結果、国民の日常生活に支障が生じたのも事実で、陛下はこうしたことを、“社会が停滞し”と表現されたのだと思います」(所さん)

 昭和天皇が下血され、容体が悪化したのは1988年9月のことだった。そして1989年1月7日に崩御されると同時に、当時皇太子だった陛下が天皇に即位。陛下は1年間にわたる喪儀の関連行事と同時進行で、新しい天皇としての務めを果たさなければならなかった。

《行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません》と述べられた言葉には、とりわけ後を継いで天皇皇后となる皇太子ご夫妻への配慮がにじんでいると、前出・河西さんは言う。

「雅子さまが体調を崩されてからすでに10年以上が経過しています。体調の回復は伝えられているものの、天皇崩御となれば、即位と同時に皇后として一気にご負担が増すことになる。

 今の天皇も即位当初は保守的な勢力から“頼りない”といわれ、美智子皇后もバッシングを受けた。天皇のなかには、皇太子ご夫妻は自分たち以上に大変だろうというお気持ちがあり、だからこそ生前退位して、自分が生きているうちにスムーズに皇位を移行させたいという思いがあるのではないでしょうか」(河西さん)

 そうした配慮の一方で、象徴天皇の務めに関しては《常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ》と、平成流の天皇皇后の在り方を、皇太子さまと雅子さまにも受け継いでほしいとの思いを語られた。

 皇太子さまはJR名古屋駅の貴賓室で、雅子さまは愛子さまと東宮御所で、午後3時からのビデオメッセージをご覧になったという。

 小田野展丈東宮大夫は「大変重く受け止めていらっしゃるものと拝察している」とおふたりの思いを明らかにしている。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年9月1日号

【関連記事】
陛下の過去のお言葉から平和を求めるメッセージを読み解く本
天皇陛下お手ずから行う「お田植えとお稲刈り」 その数200株
皇太子殿下 天皇陛下の宮中祭祀取組みを引き継ぐ決意との声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP