ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1等1億200万円の五輪協賛宝くじ 中途半端な金額の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界中がリオデジャネイロ五輪に沸いているが、実は、宝くじ売り場も五輪で盛り上がりを見せている。

 1枚200円の「東京2020大会協賛くじ」(第699回全国自治宝くじ)が8月17日から発売されているからだ。その収益金は4年後の東京五輪開催費用にあてられることになっている。つまり、この宝くじを購入することで、東京五輪のサポーターになれるともいえるのだ。

 気になる当せん金だが、1等は1億200万円という中途半端な金額。実はこれには理由があり、前後賞の5000万円と合わせると、総額が2億200万円になり、上4ケタが、東京五輪の開催年「2020」になるというわけだ。ぜひ連番で買いたいものだ。

 前回の東京五輪では、1960~1964年までの5年にわたって協賛の宝くじが発行された。今回も2020年までの間に何度か発行されると思われるので、来年以降も期待大。販売期間は9月6日までだが、売り場によっては最終日を待たずに完売の可能性もあり。お早めに!

※女性セブン2016年9月1日号

【関連記事】
春きらきらくじ 1万円当せん率が大幅にUPしているのが特長
東日本大震災復興宝くじ 発売額は25億円で10億円を被災地へ
全国4ブロックで発売「春きらきらくじ」それぞれの特徴解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP