ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大倉眞一郎がオススメ「大人も楽しめるアニメ映画」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜11時30分からの番組「PARADISO」のワンコーナー、J-WAVEの無料会員サービスJ-me内のネット上の部活動と連動した「CINEMA CIRCLE」(ナビゲーター:大倉眞一郎・板井麻衣子)。8月19日のオンエアでは、「大人がハマってしまう、アニメ映画といえば?」をテーマにお届けしました。

発表の前に「謝らないといけないことが…」と切り出す大倉。このテーマに関するリスナーの書き込みを見て「自分がどれだけアニメ映画を観てないか」ということに気付き反省したそうです(笑)。

そんな大倉が、このテーマで選んだ映画は「鷹の爪8 〜吉田くんのXファイル〜」。

アニメ映画をそこまで多く見ていない大倉に「ビシッと突き刺さった」というこの作品。「爆笑じゃないよね。『うふふっ』みたいな。それがいいの」と評していましたが、板井も「私にらめっこしながら観てました。『ここで笑うべきか…?』『いや違うな、ここか…』」と感想を告げるように、クスクスと笑える作品のようです。

昔のアニメのように口だけがパカパカと動く作風も「あれがいいなあ…」と、大倉のお気に入りポイントのよう。

この映画、FROGMANさんが監督・脚本・声の出演などを1人で手がける人気アニメシリーズで、劇場作品はなんと8作目! 今回の作品の舞台は島根県ですが、大倉の琴線に触れたポイントは、まさに「島根へのこだわり」なのだとか。どんな内容だったかを聞かれても「なんだっけ? ってなるけど、『おもしろかったなあ』ということは覚えている。それがいい! それで全然OK! スッカラカンの頭で観に行ってくれればいい」と熱く語っていました。

映画「鷹の爪8 〜吉田くんのXファイル〜」は、お台場シネマメディアージュで、8月20日(土)から先行公開中。そして27日(土)からは全国で公開されます。

ちなみに、リスナーのみなさんのオススメ映画は「火垂るの墓」「ひつじのショーン」など、たくさんコメントをいただきました。次回のテーマは「絶景が楽しめるとっておきの映画」です。次週8月26日(金)の放送もお楽しみに!

【関連サイト】
「J-me CINEMA CIRCLE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/jlc/circle/cinema/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP