体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この秋カップルで行きたい【三重】人気デートスポット19選!定番から穴場まで

この秋カップルで行きたい【三重】人気デートスポット19選!定番から穴場まで 170905_三重メイン

過ごしやすく、風情のある季節・秋がやってきた!

そこで今回、じゃらんnet観光ガイドのクチコミから、秋におすすめのデートスポットを厳選。カップルに人気の高い紅葉スポットもピックアップ!

伊勢神宮で参道食べ歩きデート、イルカや海の生きものと出会える水族館、海外旅行気分が楽しめるテーマパークなど、三重ならではの秋デートを満喫しよう。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

赤福本店

赤福本店出典:じゃらん 観光ガイド 赤福本店

伊勢神宮の門前町「おはらい町」で約300年間店を構える「赤福本店」。一口サイズの餅にあんこをのせた『赤福餅』は伊勢みやげとして全国的に知られている。1877年築の本店には門前の茶屋の風情が今も残されている。毎月1日に発売される『朔日餅』は、早朝から店の前に長い行列ができるほどの人気。

小ぶりのあんこ餅は一番人気の伊勢みやげ

\口コミ ピックアップ/

お伊勢さんに行くと必ず赤福をお店で食べますが、夏の楽しみはなんといっても赤福氷です。 氷の中にまるで本物の赤福が入っているように見えますが実は氷の中に入れても硬くならないように工夫してある赤福だそうです。白玉のようですがお餅です!! お伊勢参りに出かけたら是非ご賞味くださいね。

(行った時期:2017年7月) 赤福本店

住所/三重県伊勢市宇治中之切町26

「赤福本店」の詳細はこちら

おかげ横丁

おかげ横丁出典:じゃらん 観光ガイド おかげ横丁

伊勢神宮内宮の門前町の真ん中にあり、江戸時代から明治時代の伊勢の様子が再現されている観光スポット。おかげ横丁の名前の由来は伊勢名物「赤福」が創業の地で約300年商いを続けてこられたことに対する感謝の思いと江戸末期から明治初期に流行した「おかげ参り」にちなんでつけられた。

\口コミ ピックアップ/

伊勢神宮の御参り帰りに立ち寄りました。ご当地コロッケや伊勢うどん、赤福、赤福氷、食べたいものが目白押し。

早朝6時から参拝しましたので、お店があくまでしばらく待ちましたが、待った甲斐がありました。

(行った時期:2017年8月14日) おかげ横丁

住所/三重県伊勢市宇治中之切町52

「おかげ横丁」の詳細はこちら

おはらい町

おはらい町出典:じゃらん 観光ガイド おはらい町

内宮前にかかる宇治橋のたもとから、北へ向かう約800mの旧参宮街道沿いの町並みが「おはらい町」。石畳みの道の両側には、古い民家があり、神宮道場(もと神宮司庁)、祭主職舎(もと「慶光院」家)の2つの大きい建物を除けば、妻入、2階建で、外壁面が下見板張りの民家が目立つ。伊勢市内や参宮街道沿いの民家に妻入が多いのは、神宮社殿が平入なので、同じ平入にするのは恐れ多いと考えて、これを避けたものと地元では伝えられている。若者からお年寄りまで幅広い人気を得ているおかげ横丁もこの一角にある。

\口コミ ピックアップ/

町並みが、とても美しくて、活気もあって、日本の門前町という気分が盛り上がりました。駅の案内所で頂いたパンフレットに載っていたお店で、伊勢うどんを食べました。暑い日でしたので、冷やしにしましたが、とても食べやすく、お出汁の濃い色に反してじつはそれほど味は濃くなく、大変美味しく頂きました。

(行った時期:2017年7月) おはらい町

住所/三重県伊勢市宇治中之切町・宇治今在家町

「おはらい町」の詳細はこちら

なばなの里

170905_なばな出典:じゃらん 観光ガイド なばなの里

\口コミ ピックアップ/

なばなの里はイルミネーションの時期に行ってきました。点灯前から待っていたので点灯の瞬間を見れて大満足でした!点灯してからでも十分見応えもあり良いです!とてもイルミネーションが綺麗でお土産やご当地ビールなどもあり大満足で帰ってきました!また行きたいです。

(行った時期:2014年12月) なばなの里

住所/三重県桑名市長島町駒江漆畑270

「なばなの里」の詳細はこちら

鳥羽水族館

鳥羽水族館出典:じゃらん 観光ガイド 鳥羽水族館

飼育種類数日本一!約1,200種もの生きものを飼育し、全長約240m、通路全長約1.5km、室内型水族館として類を見ないほどの大きさを誇る。生きものの種類や棲息する環境に合わせ、12のゾーンに分けられた館内ではアシカのパフォーマンスショーや国内で唯一飼育しているジュゴンなどが見られる。 他にもラッコ、スナメリ、スナドリネコなど人気者がいっぱい!

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。