ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンで作った器で食べる「ボウル料理」は魔法の玉手箱 / Les Bols de Jean

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パンを器にした料理は世界各国にありますが、パンまで食べられる店は極めて少ないです。さらに、器の一部がパンの場合はあっても、器全体がパンの料理も稀です。今回ご紹介するレストランは、器であるパンの美味しさを徹底して研究した店「Les Bols de Jean」。

・メインのボウル料理は複数あり
メインの中身が美味しいのは当然。この店は、演出ではなく「美食の追求」として器をパンにしているのです。「Les Bols de Jean」の店内に入ると、客はカウンターに並びます。メインのボウル料理は複数あり、スープ系、ラザニア系、サラダ系など、好きなボウル料理を選び、サイドメニューとドリンクと合わせて注文します。

・極めてクリーミィーでまったり
今回注文したのは、チーズたっぷりのラザニア系。シェフが推奨するボウル料理のひとつで、極めてクリーミィーでまったりとした食感が特徴。

どっさりとフタをするかのように盛られたチーズは芳醇で、器のパンをちぎって一緒に食べれば身も心も魅了するチーズ料理となります。

・強めの甘味とバニラエッセンス
確かに、パンが器の料理は多々ありますが、ここまで美味しいパンは初めて。このパンは非常に優秀で、そのままでは水分を通しませんが、ちぎったとたん、そこに具のエキスが浸透し、繊細な甘味を放ちます。

一緒に注文したサイドメニューの特製プリンもたまりません。あまりにもねっとりとしてて濃厚。それでいて強めの甘味がバニラエッセンスの香りとともに食欲を増幅させます。

・美味しいフランス料理
重ねて言いますが、ボウル料理は複数用意されています。それはまるで気楽に食べられるフランス料理や西洋料理ともいえます。お値段も10~25ユーロと幅広く、今回はチーズのボウル料理とプリンと生フルーツドリンクで25ユーロほどでした。テイクアウトも可能です。

美味しいパンと、美味しいフランス料理が食べたくなったなら、「Les Bols de Jean」に行くのは正しい選択と言えるでしょう。

もっと詳しく読む: パンで作った器で食べる「ボウル料理」は魔法の玉手箱 / Les Bols de Jean(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/08/20/les-bols-de-jean/

Les Bols de Jean
住所: 2 rue de Choiseul, 75002 Paris, France
時間: 10:00~16:00 (木曜日のみ19:00~21:30も営業)
休日: 日曜日
http://bolsdejean.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP