ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サーモグラフィ撮影でスマホを暗視カメラにする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

対象物が放つ熱エネルギーを可視化するのがサーモグラフィ。肉眼では見えないものが捉えられるサーモグラフィ撮影でスマホを暗視カメラにできるのが「Seek Thermal(シーク・サーマル)」です。真っ暗闇でも周囲を把握できるサーモグラフィをスマホで楽しめます。

サーモグラフィカメラに早変わり

サーモグラフィとは、物体から放射される赤外線を熱分布として撮影した画像のこと。「Seek Thermal CompactXR」は、スマホでサーモグラフィ撮影ができるカメラです。スマホがサーモグラフィカメラに早変わりします。

CompactXRは、物体が放射する熱エネルギーをカメラ本体が感知して、スマホの画面上に被写体をサーモグラフィとして表示。サーモグラフィ表示には専用アプリを利用します。

サーモグラフィ撮影された画像は見やすいようにフィルターをかけるなどの編集も可能。撮影画像に最低・最高温度を表示させることもできます。通常画面とサーモグラフィー画面で2分割できるのも楽しい機能です。

サーモグラフィは暗視カメラになる

サーモグラフィ撮影は暗視カメラとして使用することが可能。目には見えない熱エネルギーを感知するので、暗闇の中にいる動物や人間を映し出すことができるのです。

例えば、暗闇の中の人影や室内を歩いた足跡を映し出すこともスマホ上で完璧に可視化できます。動物の生態観測や夜間の警備など、さまざまな場面でサーモグラフィ撮影は活用できるでしょう。

CompactXRの測定可能距離は550m、測定温度範囲は-40~330度。サイズは44W×25H×25Hmmで、重さは142gです。電源はスマートフォンから利用するため、外部電源などは必要ありません。CompactXRの販売価格は299ドル。日本ではamazonで3万~4万円ほどで購入できます。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP