ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デカッ! 渋谷の「海老フライ専門店」が贅沢すぎ…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜16時30分からの番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「Calolimit HUNGRY OUT」。8月19日のオンエアでは、今年5月にオープンしたばかりで話題の海老フライ専門店「海老昌」を紹介しました!

海老フライ専門店はおそらく史上初! お昼時には行列ができるそうです。オーナーの小杉昌功さんは、海老フライが大好きで、いつか自分の理想とする海老フライを専門に出す店をやりたいと思っており、オープンに至ったそう。しかも、実家はフレンチのレストランだそうです。

スタジオに登場したのは、直径28センチのお皿からはみ出そうなくらいの、大きな海老フライ。もちろん尾頭付きです。海老は築地から仕入れているそうですが、なかなかここまで大きなサイズの海老はないそうで、「いつも海老の取り合いです(笑)」(小杉さん)とのこと。仕入れる海老のこだわりは大きさだけではないようで…。

「尾頭付きを絶対条件に、その頭の中にミソがたっぷりと詰まっていること。身の弾力はプリプリだけではなく、柔らかいかどうか。部位によってカニのような味も楽しめるもの」だそうです。

さらにパン粉は糖分なども指定して焼いてもらったパンで作った、パン粉を使用。薄くまとわせ、短時間で揚げることで、柔らかく歯触りよく仕上げています。

自家製のタルタルソースは野菜と卵をたっぷり使っていて、“世界一ご飯がすすむタルタルソース”と自負しているとのこと。

渡部が海老を口にした瞬間、「パリパリパリパリ!」と、おいしい音が響きました。渡部は「海老の旨味がダイレクトにくる感じ!」と大満足。頭と脚の部分はタルタルをつけずに、そのままいただきました。「うん! 何もつけなくても大丈夫!」…これ以上の説明は要らないくらい、おいしさが伝わってきました。

特に脚の部分はビールに合うそうです。ちなみに、小林さんはビールメーカーに勤めていたこともあるそうで、おいしい生ビールを提供しているとのことでした。お店は、渋谷駅から徒歩7分ほど。みなさんもぜひ味わってくださいね!

次回はどんな絶品グルメが登場するのでしょうか? 8月26日(金)のオンエアを、お腹を空かして待っていてください♪ さらに、渡部もお墨付き、予約の取れない焼肉の名店「焼肉なかはら」に、なんと1組2名様をご招待するプレゼントも! お聞き逃しなく。

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP