ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【復興支援】アート×グルメを楽しむ!秋の「湯布院」おすすめスポット5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏もそろそろ終盤。今回の「九州復興支援」企画では秋に向けた湯布院のおすすめスポットをご紹介します。

まずは、芸術の秋を感じさせる洗練されたアート空間「artegio」でゆったり時間を過ごし、ランチはこちらも芸術作品のような和食を味わいに「山椒郎」へ。

「由布院ステンドグラス美術館」では光とガラスが織り成す美しい世界に浸ったあと、実際に作品づくりを体験することもできます。

3Dのラテアートが楽しめる「CAFE DUO」でその色づかいやフォルムに感動したり、ケーキの美味しいギャラリー「湯布院 受け月」を訪ね、お土産のお菓子をGETしたり…。あっという間に湯布院での1日が過ぎていきます。

湯布院の震災被害と復興状況

以前と変わらぬ元気な姿を見せてくれる湯布院へ!

地震直後は大分自動車道の通行止めや湯布院町内での一部道路の通行規制、断水など、さまざまな地震の影響によって一部宿泊施設や観光施設が休業を余儀なくされました。

現在ではほとんどの宿や施設は元通りに営業を行っていますが、完全に以前のにぎわいを取り戻したという状況までには至っていません。元気な湯布院に遊びに行ってみませんか?

湯布院の魅力って?

リピーターが多いのも納得!豊かな自然とオシャレな街並み&グルメや温泉!

年間400万人が訪れる観光都市湯布院の魅力は尽きません!

一つは豊かな自然です。標高1583mの由布岳や湖底から温泉と清水が湧き出る金鱗湖、由布院盆地を一望する狭霧台といった自然がつくり出す美しい景色が訪れる人を歓迎してくれます。

湯布院を訪れるとまず目に入るのが由布岳。四季折々の美しい姿を見せてくれる

温泉に目を向けると、源泉数は全国2位、湧出量は全国3位で、色湯、良泉質の湯、眺めの良い露天風呂など多彩なお風呂が楽しめます。

さらに、一度は泊ってみたい上質の宿や、カフェや雑貨店が連なる街道、趣を凝らした食事処、静かな森の中のギャラリーなど旅心をワクワクさせるスポットがいっぱいです。日帰りでも宿泊しても想像以上の満足感を得られる魅力の詰まった街です。 問合せ先/由布市商工観光課

TEL/097-582-1304

http://www.city.yufu.oita.jp/kankou/

由布院空想の森 artegio

スタイリッシュな空間で絵画観賞&カフェタイム!

音楽にまつわるアートを集めた小さな美術館。優しいBGMが流れる中で、ジョン・ケージ、マン・レイ、パウル・クレーなどの音楽を題材にした作品が鑑賞できます。

館内には音楽や美術に関する書籍を集めたライブラリーやゆったりしたソファがあり、気の向くままに静かな時間を過ごせる素敵な場所。定期的に開催される音楽イベントの日には、たくさんの観客でにぎわいをみせます。

白を基調とした内観。白い壁と降り注ぐ光が独特の雰囲気を作り出している

「音楽と美術はもともと親しい関係にあった…」そんな思いがあふれる美術館。アプローチから期待が高まる

美術館の向かいにはセレクト雑貨と手作りチョコレートを販売する「theomurata(テオムラタ)」と、奥にはティールーム「the theo(テテオ)」があります。

カフェでいただけるPロール。ホットコーヒーは450円

ティールームの人気メニューはカカオの香り漂うホットチョコレートドリンク「ショコラショー(カップ720円、ポット1340円)、ミルクとビターの2種類」。湯布院スイーツの代名詞Pロール(475円)やランチタイム限定のドライカレー(1240円、2種類)などのメニューも。くつろぎの空間で日常を忘れて過ごしてみたいものです。 由布院空想の森 artegio(アルテジオ)

TEL/0977-28-8686

住所/由布市湯布院町川上1272-175

営業時間/10時~17時(ランチタイム11時~14時)

定休日/不定休(ウエディングなどで利用できない場合あり)

アクセス/車:大分道湯布院ICより15分

駐車場/20台

入場料/大人600円、小学生300円、小学生未満無料

「由布院空想の森 artegio」の詳細はこちら

山椒郎

芸術的なランチと景色に感動の日本料理店。

地元の肉や魚、新鮮な湯布院の野菜を使った日本料理が味わえる店。カウンターの窓越しに眺める由布岳や田園風景がいっそう美味しさを際立たせます。

自然の中に静かに佇む店。設計は豪華観光列車「ななつ星 in 九州」をデザインした水戸岡鋭治氏

お昼の人気メニューは玉手箱に宝石を散りばめたような「合わせ箱(山)と(海)(各々2160
円)」。「山」は30種類以上の野菜、豊後牛、地鶏を、「海」は別府湾でとれた魚介を盛り込んだもので、自家製の醤油ベースのたれをかけていただきます。

下に隠れているご飯は由布岳のふもとで育った「ゆふいん米」。見事な味のコラボレーション!

ランチはほかに、豊後牛しぐれ丼(1296円)、豊後牛ステーキ(3240円)があります。 山椒郎(さんしょうろう)

TEL/0977-84-5315

住所/由布市湯布院町川上田中2850‐5

営業時間/11時~15時(LO14時)、18時~22時(LO21時)

定休日/水曜

アクセス/車:大分道湯布院Cより10分

駐車場/10台

CAFE DUO

レベルの高い3Dドリンクアート&ふわふわっスフレに出会える!

木の温もりが感じられる落ち着いた店内で驚きのラテアート(ドリンクアート550円~)が飲めるカフェ!お客さんのリクエストに応えて、アニメなどのキャラクターを多彩な色づかいと細かい描写で表現してくれます。

由布院駅から徒歩10分。窓からは由布岳が望める

ここでは、ラテアートといってもコーヒーだけではなく、抹茶ミルクやココアなどでも楽しめるので、コーヒーが苦手な人でもOK!2年ほど前から登場した立体的なラテアートは「とてももったいなくて飲めない」とさらに評判に。

色付きシロップで描いたカラフルなラテアート&焼き立てなので口にいれるととろけそうなスフレ!

注文を受けてから焼き上げるアツアツ、フワフワのスフレも人気(700円)。定番のチーズ、チョコ、ゆず、オレンジの4種類があります。 CAFE DUO(カフェ デュオ)

TEL/0977-85-3955

住所/由布市湯布院町川上1159-1

営業時間/10時~18時(LO17時30分)

定休日/不定

アクセス/車: 大分道湯布院ICより7分

駐車場/6台

湯布院 受け月

スイートショップのギャラリーで極上の時間を。

グランドピアノをイメージしたようなスタイリッシュな外観のスイーツショップには、材料へのこだわりと丁寧な仕上げによって創りだされた個性的で美味しいお菓子が並んでいます。

湯布院ならではのクレソンを生地に含ませたロールケーキ(1300円)、ベイクドタイプの濃厚なチーズケーキ朝霧チーズ(1300円)、バターを使わず焼き上げた上品な受け月ロール(1300円)、焼芋の風味の湯布院ぽてと(5個900円)など種類もいろいろ。

グリーンの生地が特徴のクレソンロール

ホロホロっとした食感の湯布院ぽてと

2階のギャラリーでは素敵なアートを眺めながらコーヒーやケーキ(ケーキセット880円~)をゆっくり味わうこともできます。

2階ギャラリーでは竹久夢二展を開催中 湯布院 受け月

TEL/0977-84-4677

住所/由布市湯布院町川上1503-7

営業時間/9時~17時

定休日/木曜

アクセス/車:大分道湯布院ICより11分

駐車場/なし(近くに有料駐車場あり)

「湯布院 受け月」の詳細はこちら

由布院ステンドグラス美術館

光の芸術に感動したらアートにチャレンジ!

1800年代からのヨーロッパのアンティークステンドグラスを展示した日本で初めてのステンドグラス美術館。英国の佇まいのなかでステンドグラスを楽しむ「ニールズ・ハウス」と美しいステンドグラスを取り入れた「聖ロバート教会」の2棟からなっています。

ニールズ・ハウスの1階にあるティールームには、温かい紅茶やコーヒー、冷たいかぼすジュース(各々300円)が用意されていますので、ここで一休み。

ニールズ・ハウスではエミール・ガレの作品など、数多くの美術品も展示されている

観るだけでなく、実際に作ってみたいという人はステンドグラス制作を体験できます(予約優先)。鏡、フォトフレーム、ウィンドペンダント中から作るものを決めたら、約20種類のパターンから1つ選んでスタート!1時間~1時間半ほどでオリジナルの作品が完成します。

60種類ほどのガラスの中から選んで組み合わせる。ハンダゴテで溶接する作業はけっこう面白い! 由布院ステンドグラス美術館

TEL/0977-84-5575

住所/由布市湯布院町川上2461-3

営業時間/9時~18時(最終入館17時30分、体験の最終受付16時)

定休日/なし

アクセス/車:大分道湯布院ICより10分

駐車場/30台

料金/入館料:大人1000円、小中学生500円、小学生未満無料

※聖ロバート教会で挙式がある場合は見学時間が限られる

ステンドグラス体験:1500円~4500円(予約優先、体験は当日入館者限定)

※体験のみは不可

まとめ

以上、芸術の秋におすすめの湯布院の観光スポットをご紹介しました。

少し暑さが収まり、徐々に秋の気配を感じるこの季節。魅力いっぱいの湯布院に出かけて、ゆっくり過ごしてみませんか?

カフェ、ギャラリー、グルメ…どのスポットも時間をかけて廻りたいので、1日では物足りない!

という方は、ぜひ泊まりで観光を楽しむのがおすすめです。

※この記事は2016年8月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

【復興支援】8月15日は灯籠まつり!歴史を感じるレトロな街・山鹿のおすすめスポット5選
天草でランチならココ!島で味わうピチピチ海鮮グルメ4【熊本】
広大すぎる…!高原ビューが自慢!久住高原のおすすめランチ4【大分】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP