ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7、ソフィー・ターナーがサンサ・スタークの運命を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』が終わりを迎えることを一番悲しんでいるのは、同シリーズで当初からサンサ・スタークを演じているソフィー・ターナーだろう。

ブロンドの新人女優(映画の役の為に髪の色を元に戻したが)のターナーは、米ケーブルテレビ局HBOの大ヒットテレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のラスト2シーズンについて、自身の思いを語った。

ターナーは、「私たちは、シーズン7かシーズン8がラストシーズンになることを常に感じていました」と、Pixhugが提供するパワー・オブ・ヤング・ハリウッドのイベントで本紙ヴァラエティに説明した。また、「本当に悲しい。『ゲーム・オブ・スローンズ』の無い人生なんて考えられない。毎夏、家族のもとを訪れるように、私にとってこの番組は家族同然だっただけではなく、安定を保つための必須事項でもある。この番組が終わったら、これからどうなるのか本当に分からない。自分が何をすべきか分からなくて、もしかしたらとても深く落ち込んでしまうかも知れない。とても奇妙な感じになると思う。皆も本当に寂しくなると思う」と、語った。

ターナーは、シーズン7の脚本を手にしたばかりだと明かし、演じる役がどんな方向に進むのかヒントを出した。ターナーは、「最後のシーズンが残されているから、本当にどうなるか分からない。たくさんのオプションがある」と語り、「リトルフィンガーと逃げ、残酷な悪役になるかもしれない。もしくは、弟のジョンと手を組むことも有り得るでしょう」と、続けた。

『ゲーム・オブ・スローンズ』は、ストーリーの中心のキャラクター達が死ぬことで悪評がたっているが、ターナーも、サンサの死が描かれる可能性を考えた。

ターナーは、「他の誰も登場しない、私の死の長いワンシーンとなり、長くゆったりとした死のエピソードになるわね」と、ジョークを言った。「そして、それはラストシーズンの最終話になるでしょう」と、続けた。

サンサの運命にかかわらず、ターナーは、すでにウェスタロス大陸の外の世界に飛び出し、今夏のスーパーヒーロー大作映画『X-MEN:アポカリプス』に出演し、フェニックス役を演じた。もし、このミュータントの力を持っていたらどうするのかを尋ねたときのターナーの答えに注目だ。



本紙ヴァラエティのパワー・オブ・ヤング・ハリウッドの様子はこちら。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP