ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

吐き気? だるい? 症状別にみる二日酔いに効く食べ物・飲み物

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
吐き気? だるい? 症状別にみる二日酔いに効く食べ物・飲み物

思いっきり食べて飲んで楽しんだけど、次の日はツラい二日酔い。ひどい吐き気やだるさに頭痛、もう二度とお酒は飲まないと思っても、やっぱり楽しいとつい飲み過ぎて二日酔いになっちゃうんですよね。二日酔いの症状はいろいろですが、原因が分かれば素早く回復する対処法も分かります!

ズキズキ頭痛の原因はアデノシン。カフェインで回復!

アルコールには血管を拡張させる働きがあります。これは、アルコールに含まれるアデノシンやアセトアルデヒド、酢酸などの働きによるもの。血管が拡張することによって、ストレスも解消され楽しくお酒を飲むことができますが、この状態が長く続くと血管が炎症を起こし頭痛の原因になってしまいます。そんな時は血管を収縮させるのが先決。カフェインには血管を収縮させる効果があります。コーヒーや紅茶などをゆっくりと飲みましょう。

だるさ、吐き気、食欲不振は脱水症状が原因

二日酔いでいちばん多いのが、脱水症状によるだるさや吐き気、食欲不振、頭痛などの症状です。アルコールには利尿作用があるため、飲んだ量よりも尿として出る量の方が多くなってしまいます。アルコール度数の高いものほど、失われる水分は多くなります。脱水症状を緩和するには、スポーツドリンク
がお手軽です。人の体の浸透圧と近いので吸収が早いですし、ナトリウムやカリウムの補給もできます。味噌汁にも水分補給と栄養補給に優れた飲み物です。アルコールの分解を早めるオルニチンやタウリンがたっぷりのシジミや魚介類を具材に使うといいでしょう。

低血糖症が原因の頭痛やだるさもある!

アルコールは肝臓で分解されますが、飲み過ぎると肝臓がオーバーワークになってしまい他の作業を休まざるを得ません。そのひとつが、グリコーゲン(糖分)の産生。糖分が脳の働きに重要なことは良く知られていますが、それが不足すると低血糖症に陥ってしまいます。肝臓は8時間分ほどのグリコーゲンは常に蓄えていますが、アルコールの分解に時間がかかると糖分不足に陥ってしまいます。そんな時は、オレンジスースなどフレッシュなフルーツジュースを飲みましょう。コーンフレークなども炭水化物(糖分)が多く、消化が良いのでおススメできます。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。