ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とテレビシリーズ『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』の脚本家が『ポケモン』の映画を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニコール・パールマンとアレックス・ハーシュが、実写版映画『ポケモン』の脚本を手掛ける交渉中だ。同作は、ゲーム『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』をもとに、レジェンダリーが製作する。

このニュースの以前には、7月初めに同社が『ポケモン』シリーズの映画化権を獲得したとの発表があった。契約が交わされたのは、スマートフォンアプリ『ポケモンGO』が米国で配信された2週間後のこと。同ゲームアプリは世界的な現象となり、共同所有者である任天堂の株価が25%上昇した。拡張現実を用いたこのゲームでは、プレイヤーがポケモンのモンスターを捕まえたり、バトルをしたり、トレーニングを行う。

大人気となった『ポケモンGO』は、ポケットモンスターによるポップカルチャー意識を再燃させた。『ポケモン』は1996年に日本で登場し、全世界で2億7900本のビデオゲームと、世界74か国で215億枚のカードが販売され、アニメシリーズは実に19シーズンに及んでいる。

レジェンダリーが手掛けてきた他の作品と同様に、米ユニバーサル・ピクチャーズが日本以外の国の配給を手掛ける。

株式会社ポケモンが長らく映画化で一緒に手掛けてきた東宝は、映画『ゴジラ』シリーズのリブート版でレジェンダリーとパートナーを組んだように、日本での配給を手掛ける。

パールマンは、マーベルのライターズ・ルームで経験を積み、映画『マイティ・ソー』や映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』といった人気コミック原作の映画脚本を手掛けた。現在、映画『Captain Marvel(原題)』の脚本を、映画『インサイド・ヘッド』の脚本を手掛けたメグ・レフォーヴと共に手掛けている。また、チーム・ダウニーと共に映画『シャーロック・ホームズ』の3作目を執筆中にある。

パールマンは、CAA、マネジメント360と代理人契約を結んでいる。

ハーシュは、米ウォルト・ディズニー・カンパニーのカルト人気テレビ『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』の脚本を手掛けた。ハーシュは、UTAとモリス・ヨーン・バーンズ・レヴィーン・エンターテイメント法律事務所のジャレド・レヴィーンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP