ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福原愛、石川佳純ほかメダル取った卓球選手のCM契約料は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本のメダルラッシュに沸くリオデジャネイロ五輪がいよいよ大詰めを迎えた。中でも男女アベックメダルの卓球は大いに盛り上がった。

 試合では、前回ロンドン五輪で銀メダルを獲得した女子団体が、リオでは銅メダル。男子は不動のエース・水谷準(27=ビーコン・ラボ)がシングルス銅メダル、団体でも銀メダル獲得の立役者となった。

 この史上初の快挙によって、かつて「オタク」「根暗」なイメージのあった卓球が、まさかここまで脚光を浴びるとは。大歓待を受ける彼らを見て、「あわよくば、うちの子も」と野望を抱く親も多いのではないだろうか。

 実際、幼いうちから卓球を始める子どもは多く、リオ五輪の代表メンバーである福原愛(27=ANA)は3歳、石川佳純(23=全農)は7歳、伊藤美誠(15=スターツ)に至っては3歳になる少し前から卓球を始めている。確かに卓球は卓球台を置けるスペースと、卓球を経験したある程度のレベルの指導者さえいれば、自宅で子どもの練習が可能だ。テレビで繰り返し流れる福原、石川、伊藤の幼い頃のVTRを見ると、自宅リビングルームに置かれた卓球台で厳しい母親が指導し、思うようにならないと泣き出す3人の姿が酷似している。

 同じ子どものスポーツでも、かたや高額なレッスン料がかかるゴルフやテニス、冬の競技でいえばフィギュアスケートなどと比べると、卓球はだいぶお手軽に見える。

 しかし卓球とて、そう甘くない。試合の際の遠征費がかさむのだ。日本卓球協会が選手育成を目的に1980年代に設けた「ホープス」(小学6年生以下)、「カブ」(小4以下)、「バンビ」(小2以下)という年代別全国大会があり、卓球をやっている親子は全国津々浦々へ出かけていく。あるトップ選手の母親は、「交通費節約のために新幹線は使わず自家用車で移動。運転はもちろん自分でします。食事代もなるべくかからないよう、炊飯器とお米を持参していました。おかずはもっぱらレトルトカレーです」と話す。

 炊飯器持参は卓球界では珍しくない。石川選手の「試合のときは、お母さんのおにぎりがパワーの源」という話は有名で、遠征先で米を炊く母親は少なくないのだ。選手も炊き立てご飯はうれしいようで、自らも海外の大会に炊飯器を持参する例はよくある。

◆気になる選手たちの収入源

 さて、卓球選手はトップクラスになると、どれぐらいの収入があるのだろうか。まず、ナショナルチームの代表に選ばれるレベルの選手になれば、ワールドツアーの賞金があるが、優勝しても数十万円と微々たるものだ。2014年3月のドイツオープンで、史上最年少優勝した伊藤美誠・平野美宇が、優勝賞金50万円と聞いて目を丸くした姿が話題になったのを覚えているだろうか。億単位の賞金が用意されるテニスやゴルフとは雲泥の差である。

 ところが、トップ選手にはスポンサーが付いたり、CM出演などのオファーが来たりする。これが大きい。アスリートを起用したCM制作を複数手がけた元CMプロデューサーによれば、「顔の知られたアスリートならCM契約料は2000万円が相場。卓球では石川佳純がそれぐらいです。ただし、五輪期間中に流されるCMだと時価で5000万円ぐらい。福原愛に関しては、子どもの頃からの好感度の高さで、通常でも4000万円ぐらいだと思われます」という。

 ちなみにリオ五輪でメダルを取ったことで、契約料は変わるのだろうか?

「もちろん高くなります。この人気なら7000~8000万円に跳ね上がるかもしれませんよ。たとえば、ラグビーの五郎丸歩選手の場合、W杯直後には8000万円まで跳ね上がりました」

 なんとも夢のある話ではないか。しかし、石川や福原のようなケースは一握りだということも忘れてはならない。

【関連記事】
全日本のエース・石川佳純 世界卓球のリベンジは「五輪で」
リオ五輪男子卓球・水谷隼「今回はイケる!」と手応え
ミキハウス社長の鶴の一声「金メダルに5000万円」に広報困惑

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP