ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CanaryチャンネルのChrome OS 54ではAndroidアプリ関連のサポートが改善される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在 Canary チャンネルで開発中の Chrome OS 54 で Android アプリのサポートに関連し、アプリの取り扱いが改善されました。今回判明した変更箇所の中でも注目なのは、アプリトレイの「All Apps」の刷新です。アプリはこれまで 1 列でしか表示されませんでしたが、2 列になり、さらに、「All Apps」のアイコンが現行のグリッドスタイルから「↓」の形状に変化しています。他の変更点については、タスクバー左端の「Apps」アイコンが現行の虫眼鏡アイコンからシンプルなサークル型アイコンに変わり、また、Android アプリの通知内容も刷新され従来よりも詳細な情報が表示されるようになっています。Chrome OS 54 の正式リリースはまだ先の話なので、すぐに安定版で上記のような変更が行われるわけではありませんが、Android アプリへの対応改善が着実に進められていることを確認できます。Source : Google+Chrome Story

■関連記事
Etorenで「Galaxy Note7(SM-N930F)」の販売が開始
Google、Android用ChromiumにWebAPK機能を追加
福岡・中洲にIoTデバイスをテーマにした国内初の宿泊施設「&AND HOSTEL」がオープン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP