ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう少し増えてほしい10.9% 何の割合?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜朝6時からの番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「TOKYO ZEIRISHIKAI PERCENT WORLD」。8月19日のオンエアでは、税理士の年齢に注目しました。

●意外に少ない数字

「10.9パーセント」、これは何の数字でしょう? ヒントは年齢と関係があるようです。

「日本の税理士資格保持者の中での20代と30代の税理士の割合です。(中略)最近、税理士試験の受験者数は減ってきているというのが現状。日本では若い税理士、つまり20、30代の割合は10.9パーセントで、決して高くない数字です」(東京税理士会・成田さん、以下同)

とのこと。しかし、高齢化が進む現在、納税制度を支える税理士の需要は高くなっているそうです。年齢以外に、性別も気になるところですが、「全国で約7万5,000人の税理士がいますが、女性税理士は1万人を突破しています」ということでした。

若い税理士さんが少ないことについては、ジョン・カビラも驚いていました。合格は狭き門ではありますが、若い世代の方もぜひチャレンジを!

●ふるさと納税の税額控除は?

後半はリスナーからいただいた質問にお答えしました。

Q.数年前から、ふるさと納税をするようになりました。そこで質問です。年収に対してどのくらいの金額を寄付すると、住民税がどのくらい軽減されるのかを知りたいと思っています。

できれば、これくらいの年収なら ○○パーセントの税額控除、というような数字が知りたいということでしたが…

「ふるさと納税では、寄付金の金額から2,000円を差し引いた部分について、原則として全額が、所得税と住民税から控除されるものです。税額控除の金額は、国税庁に記載されている計算式により計算することができます。

ただ、ふるさと納税をした本人の収入のほか、家族構成などにより、年間の上限額が決まってきますので、一概に○○パーセントと申し上げるのは難しくなります。総務省『ふるさと納税ポータルサイト』やホームページなどを参照してください」

との回答でした。気になる方はぜひチェックしてくださいね。

「TOKYO ZEIRISHIKAI PERCENT WORLD」のコーナーでは「税」にまつわる質問を受け付けています。素朴な疑問でも大丈夫です。詳しくは番組サイトへ!

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP