ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お昼寝より簡単!3分目を閉じるだけでも脳力UP

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ちょっとお昼寝するだけで体が急速チャージされるような感覚がありますよね。ランチの後はおひるねも入れて、午後からもバリバリ仕事や家事を片付けられたら理想的。でもオフィスワークをしている方はなかなかお昼寝はできませんよね。大丈夫、ただ目を閉じるだけでも効果的であることがわかってきたのです。

どうして目を閉じるだけでいいの?

目を閉じると自動的に涙の量が増え、涙が眼球に栄養を補給してくれます。また視界から入る刺激をいったんなくすことで、網膜が休まり目のピント機能なども休まります。「見る」ためにフル活動させていた目の周りの緊張や筋肉が弛み、目を閉じるだけでも目は休まるのです。なにより私たちは視覚から80%の情報を取り入れているといわれますが、それをちょっと休めるだけでも脳は休まります。寝ている時でさえ脳は活動していますから、完全に脳を休めることはできません。でも意識的に負荷を減らして上げることは脳にとっても大切なことなのです。

一番の効果はα波がでること

目を閉じることで得られる効果はほかにもあります。一番は脳波がα波に変わるということです。α波はストレスを減らし、集中力を高め、痛みを軽減させ、自律神経を整え、血流を促進させるといった嬉しい作用のたくさんある脳波です。α波を出すもっとも簡単な方法の一つがなんと目を閉じること。ほかにも自然音を聞くとα波は出やすいといわれますので、目をつぶりながら自然音のヒーリングミュージックを聞くのもおすすめです。ちなみにα波は無心になっている時や集中している時にも分泌されています。気持ちよく何かに没頭しているときに、突然中断が入るといらっとするのは、α波が突然リセットされてしまうから。目を閉じて自らα波を出す時にも、人に邪魔されたり、スマホの着信に邪魔されたりしないよう、こっそりやるのがポイントです。

たった1分でも3分でもOKですから、少し疲れを感じたら目を閉じましょう。時間も場所も選ばず自分を簡単に癒やすことのできるテクニックです。

writer:サプリ編集部

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP