ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレイク、【BETヒップホップ・アワード】で最多14部門にノミネート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドレイクが【BETヒップホップ・アワード】で3年連続最多ノミネートを獲得した。今年は最優秀アルバム賞、最優秀ライブ・パフォーマー賞、最優秀作詞家賞、最優秀ヒップホップ・ビデオ賞をはじめ、最優秀コラボ、デュオもしくはグループでの3つと、計14部門にノミネートされている。

 ドレイクはフューチャー(10部門)、DJキャレド(9部門)、カニエ・ウェスト(8部門)などの他の複数ノミネート・アーティストと各部門を争うことになる。また、最も注目される部門の一つは最優秀新人ヒップホップ・アーティスト賞だ。こちらにはアンダーソン・パークをはじめ、ブライソン・ティラー(6月の【BETアワード】では最優秀新人賞と最優秀男性R&B/ポップ・アーティスト賞を受賞)、チャンス・ザ・ラッパー、デザイナー、トリー・レーンズらがノミネートされている。

 2016年の【BETヒップホップ・アワード】は9月17日にアトランタのコブ・エナジー・パフォーミング・アーツ・センターで収録され、10月4日(米東部/太平洋時間午後8時)に初放映される予定だ。司会者は間もなく発表される。

 今年のノミネーション全リストはBETの公式ウェブサイトで確認できる。

◎BET公式ウェブサイト
http://www.bet.com

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクが12週目の1位をマーク、ラッパーとして歴代最長記録を塗り替え
【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクが2016年最長No.1記録&自己最長No.1記録を更新、リアーナも依然と好調
ドレイク、10年前の生活が窺える母親宛の手紙を暴露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP