ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GOMESS×蟻×コショージメグミ ポエトリー新時代担う3人によるコラボ曲初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月24日 青山・月見ル君想フにて開催される、GOMESS BAND、蟻(キミノオルフェ)、コショージメグミ(Maison book girl)による3マンイベント【poetes sous la lune -月下の詩人たち-】。この3者によるコラボ曲が初披露されることになった。

GOMESS×蟻×コショージメグミ 写真一覧

 自然な語り口で物語を紡ぎ、観る者、聴く者の心にすっと入り込んでいく、ラップ(HIP HOP)とは異なる切り口で注目を集めているポエトリーリーディング。その新時代を担う若手アーティスト3人が初となるコラボ楽曲を制作し、披露することが決定した。

 キッカケは、6月4日に行われたキミノオルフェの1st LIVE CONCERT【Le Salon】。“蟲ふるう夜に”を活動停止して生まれ変わった蟻(vo)のソロプロジェクト・キミノオルフェは「キミの吟遊詩人になる」というテーマを体現しており、ポエトリーPOPとも呼ぶべき楽曲群で観客を新しい世界に導いた。そのライブをGOMESSとコショージメグミは観覧。HIP HOPという狭い枠に囚われることなく“言葉”を追求するGOMESS。Maison book girlの活動と並行して詩集を出すなど異彩を放つアイドル・コショージメグミ。そしてキミノオルフェ・蟻の3人はその夜「ポエトリーを盛り上げるイベントをやろう」と意気投合した。

 3マンイベントの開催を決定してから、この日に向けてコラボレーション楽曲の構想を練った。そして完成した楽曲の名は“巣立ち”を意味する「Fledging」。“言葉”を武器に戦う3人の想いを込めた1曲がいよいよ披露される。新しいポエトリーの幕開け、ぜひ目撃してほしい。

◎イベント【poetes sous la lune -月下の詩人たち-】
08月24日(土)青山・月見ル君想フ
OPEN 19:00 / START 19:30
出演:Maison book girl、キミノオルフェ、GOMESS BAND (出演順)
http://bit.ly/2bBET3t

関連記事リンク(外部サイト)

Maison book girl 確かな成長遂げた4人が語る……目標は“闇堕ちしたPerfume”!?
蟲ふるう夜に 何も間違っていなかった音楽の終焉~4人がそれぞれに描く朝へ
littleAct(mikichu*(ex.みきちゅ)×GOMESS)新曲ゲリラ配信&MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP