ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

育児に必須「チャイルドシート」は中古買取で賢く買い換える

  • ガジェット通信を≫

子ども連れのドライブに欠かせないチャイルドシート。法律で義務化されていますから、マイカーを所有している人なら、子どもの誕生と同時に購入した人がほとんどだと思います。しかし、子どもが成長して使うことがなくなれば、保管するにも意外に場所をとってしまいます。そこで、チャイルドシートについての知識と買取について解説します。

チャイルドシートは何歳まで?

チャイルドシートの着用義務は、平成12年4月から施行されました。法律では、6歳未満の子どもは全て、車に乗る際にはチャイルドシートを使用することが義務付けられています。また、シートベルトは身長140センチ以上の体型を対象として作られていますから、6歳を超えても子どもの身長が140センチ未満であれば、安全性の確保のために継続着用が薦められています。

チャイルドシートに関する法律

新生児のチャイルドシート

チャイルドシートの使用義務は、新生児でも対象となります。体が未熟な新生児をチャイルドシートに乗せるとなると、大人が抱っこしている方が安全と考える人もいますが、様々なデータ検証によって、抱っこよりもチャイルドシートの方が安全というのが証明されています。
首も腰も柔らかく不安定な6ヶ月未満の赤ちゃんを乗せるには、自然な姿勢で載せられるベッド型のベビーシートを選ぶなど、チャイルドシートは、子どもの年齢に合わせて選ぶようにしましょう。

免除されるケース

6歳未満の子どもがチャイルドシートを使用しなければ、当然法律違反となります。違反点数1点が加算されますが、罰金は発生しません。そのため、短時間の移動では「点数だけなら…」と安易に考える人も少なくありませんが、チャイルドシート着用義務の原点は子どもを守るためのもの。罰金にならないなら大丈夫という考えは、目的が間違っています。
ただし、以下のような一部の条件に当てはまる場合のみ、着用義務が免除されます。
幼児専用の送迎バスなど、車の構造上シートを固定できない場合
乗車人数が多くシートを利用すると乗れない場合
病気やケガにより、チャイルドシートの使用が危険と判断される場合
股関節脱臼や皮膚疾患など、身体的な状態により着用が適さない場合
緊急のトラブルで子どもを警察や病院などへ連れて行く場合
6歳未満でも身長が140センチを超え、シートベルトが着用できる場合
著しい肥満でチャイルドシートのサイズが合わない場合
バスやタクシー

レンタカーはどうなる?

旅行先などでレンタカーを借りる場合、6歳未満の子どもを連れていれば、必ずチャイルドシートが必要です。レンタカーと一緒に借りるか持参するなどの対処がなければ、レンタカーの利用を断られる場合があります。また、友人などの車に乗せてもらう場合にも着用義務は発生します。

成長ごとのチャイルドシート選び


初めてのチャイルドシート選び

「チャイルドシート」と一括りで表現されますが、成長に応じて使用するシートは異なります。
新生児~1歳頃・・乳児用ベビーシート
1~4歳前後・・幼児用チャイルドシート
3歳以降・・学童用ジュニアシート

こうしてみると、わずか数年の間に3回も買い換えるのか? と思った人は多いと思います。チャイルドシートは安い買い物ではないですから、いくつも買い換えるのはもったいないですよね。
これらのシートは、成長とともに形状を変化させたり兼用できるなど様々な種類が販売されていますから、購入時には使用頻度や子どもの成長を考えたシート選びをしましょう。

中古品を賢く利用する

初めてチャイルドシートを購入する時には、利用する期間は身長が140センチに達するまでと考えて、少々良いものを購入しておこうという気持ちになります。
しかし、実際に使用してみると、新生児に適したベビーシートは活用できる期間が短く、「兼用タイプ」でも体の大きな子どもでは使いにくいなど、子どもの成長に合わせて買い換えを検討する事になります。
更に、年齢の近い子どもが増えれば、その人数分が必要になるため、チャイルドシートは中古品で探す人が多い商品です。

買取店おすすめショップ

ベビーレンタ

お客様から直接仕入れたベビー用品を、自社内で整備/販売を行います。また、無料ダンボールの送付などの不可サービスを極力削減することで、中間マージンやムダなコストを抑えて、その分買取価格に反映させるシステムです。
事故をした車で使用されていたチャイルドシート/衣類や小さな玩具/10年以上前の商品は買取不可。元保育士・赤ちゃんのプロが、赤ちゃんが安全で快適に使用できる中古品のレンタル業務を行っています。

アロット

ベビーカー/チャイルドシートを専門に扱う買取店です。一般的なリサイクルショップと異なり、ベビーカー/チャイルドシートの人気度・商品価値・中古市場の販売価格相場などを元に、専門の査定スタッフが価格を決定します。
アロットでは、中古ベビー用品 の専門店やネットオークション、ネットショップなどを取引先として提携しているため、良い商品を安く買いたい購入者目線での価値を買取金額に反映しています。

チャイルドシートを高く売る!

子ども誕生の時に奮発して購入したチャイルドシートも、リサイクルショップに持ち込んだらたったの500円なんていう話も、珍しいことではありません。なぜなら、リサイクルショップでチャイルドシートを探す人は、商品の品質よりも“とにかく安く”を最優先にしているケースがほとんどで、高ければ売れないからです。そのため、買取ではあまり期待できるような価格を提示されることはないでしょう。
そこで、リサイクルショップ以外で売る方法を紹介しておきましょう。

オークション・フリマ

チャイルドシートは新品で購入すれば数万円~と、法律で義務付けられているとはいえ、いつでも気軽に買い換えられるほど安価な商品ではありません。何かとお金がかかる育児期の中で、使用期間が短いアイテムですから、オークションで中古品を探す人が多い商品です。

車に装着したままにしていると色が褪せることもあり、生地の傷みや色褪せなどがある中古品なら数千円~で購入できるなど、オークションでも人気があります。
特に使用期間の短いベビーシートなどは、衛生面にも配慮して美品を探す人も多く、新品で購入したもののほとんど使っていないというシートは、高値落札に期待が持てます。

育児交流サイト

子どもが誕生する度に新しい用品を購入していたら、家計はあっと言う間に火の車。少しでも家計の節約にと、中古ベビー用品の譲渡などを行う育児交流サイトがたくさんあります。
チャイルドシートと同様に、子どもの成長に合わせて買い換えたいベビーカーやベッド、体重計、ハイローチェアなどは、こういったサイトを利用する方法もあります。

オークションと比較すると買取価格は低めだったり、無料譲渡というケースもありますが、同じ世代で子育てしている人との交流もあるので、サークル感覚で参加する人も多くママ友作りにもおすすめです。

まとめ

初めてのお子様誕生の時には、嬉しさも重なって高級なチャイルドシートを奮発する家庭は多いと思います。しかし、子どもの体の成長は予想通りには行きませんし、2人目・3人目となると複数台が必要。そして不要になれば保管場所に困ってしまいます。
チャイルドシートの購入を検討している人も処分したい人も、中古売買を上手に活用しましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP