ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ほろ苦でビールに合う!夏こそ食べたい「ピーマン焼きおにぎり」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

炒め物や肉詰めなど、ピーマンの独特の苦味はお肉との相性が抜群です。でも、意外と1回では使い切れず、そのままダメにしてしまうことも…。

そこで試してみてほしいのが、ピーマンとご飯の組み合わせ料理です。小ぶりで食べやすくお腹も満たされるので、持ち寄りのパーティにも使えそうですよ。

小ぶりでも栄養価の高い
ピーマン×焼きおにぎり

ピーマンの上下を切り落としたら種を取り除き、横半分に切ってごはんを詰めます。オーブントースターにごま油を塗ったアルミホイルを敷いてそこに並べたら、しょうゆを塗り、8分ほど焼いて完成です。

仕上げに一味唐辛子をふると、より一層、美味しくなります。

ピーマンのほろ苦さとお米の甘み、さらにしょうゆの香ばしさが絶妙で、食がすすみます。なんと言ってもビールとの相性もいいので、この時期にぴったり。

サイズは小さめですがピーマンは栄養が豊富なので、食欲がないときにもオススメです。

関連記事リンク(外部サイト)

新じゃがしかない時・・・簡単ジャガイモガレットをつくろう
そら豆しかない時・・・つまむ手がとまらなくなる「極うまディップ」を!
いつもの「枝豆」に飽きたら、ビール片手にこの最強アレンジを!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP