ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あえて「レンタカー」で旅するべき国5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行に出て、レンタカーされたことはありますか?右側通行だったり標識が分からなかったり、交通ルールの違いによる不安はありますよね。

でも!しっかり調べてやってみれば今までに無い楽しさが待ってます!今回はレンタカーでの旅行をぜひオススメしたい旅行先5選をご紹介します。

 

ハワイ

Photo by Edmund Garman

まず申し上げると、ハワイ旅行に車は必須ではありません。公共バスも便利ですし、一日ツアーに参加すれば旅行会社が主要観光地に連れていってくれます。

そんな人気な…逆に言えばありきたりなハワイだからこそ車で移動してみましょう!

 

インターネット上に数多くのドライブコースが紹介されてますが、オアフ島だったらこんなコースを自由に半日で楽しめちゃいます。

・ダイアモンドヘッドでお散歩 (中心部分であるクレーターにも車で入れます)
・ハナウマベイで最高に綺麗な海を眺める!
・ハロナコーブで海をお散歩 (クジラが見れることもあるそうです!)
・市内に戻ってアラモアナセンターでお買い物 (車があれば荷物も楽!)

オープンカーが最高に合いそうですね!

 

ニュージーランド

photo by Jocelyn Kinghorn

ニュージーランドは言わずと知れた、自然が豊かな国。そして国土も小さいため、時間に余裕があれば主要地点は車で全部行けちゃうんです。

逆に他の交通手段はバスがありますが、山・川・海へのアクセスを考えると自分の車のほうが格段に便利。キャンピングカーのレンタルも大人気です!

 

南半球の島ならではの大自然を味わいながらトレッキング、カヌー、ラフティングといったアクティビティはいかがでしょうか。

ちなみにニュージーランドの島間はフェリーが通ってますが、車をフェリーに乗せるよりは各島で車を乗り換えた方が楽で安いようです。

 

アメリカ カリフォルニア/ネバダ/アリゾナ州

photo by Chuck Coker

誰もが映画のワンシーンで見たことある…アメリカ西部の旅!カリフォルニア・ネバダ・アリゾナを巡るドライブは映画で見たような一本道がずっと続きます。

計画を立てず広大な土地をゆっくり旅するのが醍醐味。

 

しかもネバダだったらラスベガス、アリゾナだったらグランドキャニオン、カリフォルニアはロサンゼルスにサンディエゴと行きたい場所もたくさんあり、自分だけのドライブ計画が立てられちゃいます。

ちなみに超定番スポットはロサンゼルスのサンタモニカを終着点とするRoute 66を走り、アリゾナへ向かうコース!(もちろん逆方向もあり)

 

南フランス

photo by Francois Phillipp

のどかな風景、落ち着く街並み、そして綺麗な海があまりにも有名な南フランス。

ニース、マルセイユ、アヴィニョン、サントロペ、ニーム、サン=レミ=ド=プロヴァンスなどなど見るべきところはたくさんあります。

都市間の交通手段は整備されてますが、実際に町を冒険するとなると話は別。

 

南仏の一番の面白みはブドウ園や小さな町を通り抜け、そののどかさに浸ることです。残念ながら徒歩だとさすがに限界があります…。

車を借りて南仏でゆっくりする大人の旅はいかがですか?

 

カナダ・カルガリー

photo by Thank you for visiting my page

ニュージーランドの続き、大自然好きにオススメしたいのがカナダのカルガリー。代表的観光地であるバンフ国立公園では北アメリカの大自然をとにかく謳歌できます。山や湖がこの上なく綺麗。

土地が広大なので車が無いと移動は無理に等しいです。

 

国立公園ではアウトドアのアクティビティも多くできちゃいますが、私が一押しするのが野生動物。

アメリカならではのヘラジカ、グリズリーベアやバッファローがそこらへんにいるんです!そういう意味では車じゃないと危険なのです。

大人も子供も大喜びなので是非訪れてみてください。

 

まとめ

ドライブ旅行の魅力、伝わりましたでしょうか?予定に縛られず、自由きままに旅先をエンジョイできるのでオススメです!

ただし国際免許取得や交通ルールの勉強等、しっかり下準備はして臨んでくださいね。


関連記事リンク(外部サイト)

全国の宿泊できるサービスエリア&パーキングエリア8選
「初日の出」鑑賞におすすめのスポット7選
休憩場所から観光スポットへ!ぜひ寄りたいサービスエリア7選
世界のとんでもなく凄い道路6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP