ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone 7のカメラは光学式手ぶれ補正レンズを搭載か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、9月に発売されることが多い新型iPhone。今年もリーク情報や発売日に関する情報がネット上を賑わせており、発売が真実味を帯びてきている。

今度は新型iPhoneのレンズと思しき画像が流出し、フランスのネットメディア「NO WHERE ELSE」が記事を公開している。

・7と7 Plusに搭載!?

今回すべての新型iPhoneに搭載されると予想されているのが光学式手ぶれ補正レンズ。iPhone 6には搭載されていないものの、iPhone 6s Plusでは既に採用されている。

新型iPhoneに光学式手ぶれ補正レンズが搭載される根拠は、レンズの横に入った切り込み。

6s Plusのレンズの周りには切り込みが入っており、今回流出したと新型iPhoneのレンズの周りにも切り込みが入っていることから、新型iPhoneは全て光学式手ぶれ補正レンズになることが予想されている。

光学式手ぶれ補正レンズは、レンズやイメージセンサを移動させることで手ぶれを打ち消す方式。既にiPhone以外のスマートフォンにも搭載されているものも多いが、iPhoneに搭載されれば、より綺麗な映像が撮れそうだ。

iPhone 7 : Son capteur photo en fuite ?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP