ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名古屋ぎらい特集で編集部に抗議殺到「これはイジメだがや」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「俺は名古屋人を代表して電話しとるんだがね! お前、今日発売のこれ、どういうことや。これはイジメだがや!」

 本誌・週刊ポスト前号(2016年8月19・26日号)の発売日である8月8日、編集部には名古屋から“お叱り”の電話が殺到した。怒りの発端は、特集「名古屋ぎらい」だ。

 同特集では名古屋が全国の人から「上から目線」、「ケチすぎる」、「とにかくイラっとする」と目の敵にされている現状と、一風変わった名古屋独自の“常識”の数々を紹介した。

 記事は大きな反響を呼んだが、地元からは「結婚式の引き出物が大きいのは気前が良い証拠だ!」「ジャンケンのチョキを“ピー”と呼んで、何が悪い!」といった反論が噴出した。

 本誌は名古屋を貶めるのではなく、“愛のある”企画のつもりだったため、抗議は予想外だった。だが、こうした一連の抗議活動こそ、「名古屋人らしい特徴だ」と『名古屋あるある』の共著者で自身も名古屋出身のライター・川合登志和氏は説明する。

「名古屋人には、何でも文句をつけて批評したがる“イチャモン気質”があります。また口にはしませんが、地元愛が非常に強い。だから、“名古屋ぎらい”と正面から言われると、ムキになって反論してしまう。

 その一方で、ポストさんのような全国誌で取り上げられることが嬉しくて、とりあえずポーズで怒っている側面もあるはずです」

 何とも複雑な名古屋人の心理。だから嫌われるのだろうか……。

※週刊ポスト2016年9月2日号

【関連記事】
名古屋人のトラウマ 1992年3月14日の「屈辱の朝」
『京都ぎらい』著者 「『名古屋ぎらい』には根拠なく気の毒」
名古屋人 名古屋場所の千秋楽で土俵の砂を持って帰る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP