ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry DTEK50の筐体デザインを写真でチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry の新型 Android スマートフォン「DTEK50」の筐体デザインを写真で紹介します。前作「PRIV」はスライドキーボードを搭載した Torch っぽいデザインを採用していましたが、DTEK50 はフルタッチタイプのフォークファクターを採用しており、外観はごく一般的なスマートフォンのような感じです。しかし、細部は独特な部分が多いので意外と個性的です。その代表的なところはバックカバーです。外装の素材はプラスチック系なのですが、表面には無数の凹凸が掘られており手触りが他とは違います。グリップ感が良いというわけではありませんが、厚みが 7.4mm と比較的薄く、また軽いので 5.2 インチスマートフォンとしてはかなり持ちやすくなっています。フレームとディスプレイの継ぎ目を見ると、ディスプレイが若干浮いていることが分かります。この点も独特です。フレームは黒く塗装されていますが、爪でコツコツと叩いてみるとアルミっぽい硬さでした。また、上下のエッジ部分にはスリムなスピーカーを搭載しており、音をステレオで視聴できます。本体の右側面に見られる丸いボタンは「便利キー」と呼ばれるファンクションキーです。その下には SIM カードと Micro SD カードのスロットが設けられています。

■関連記事
音楽アプリ「NePLAYER」がmoreと連携、moraのハイレゾ音源がアプリからダウンロード可能に
人気のTwitterアプリ「」tweecha」がリリースから4周年、8月26日までカンパ版が60% OFFで販売中
ソフトバンク、携帯電話からの電話番号案内サービス(104)の利用料を11月から値上げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP