体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの「野食ハンマープライス」主宰・茸本朗氏と行く、アナジャコ釣り@東京湾【調理&実食付き】

f:id:Meshi2_Writer:20160705051049j:plain

エクストリームな「野食ハンマープライス」

「食べたことのないものを食べてみたい。その味が知りたい。

誰も食べたことのないものは、なおさら食べてみたい。

そしてもしそれが美味しかったならば、こんなにうれしいことはない」

きょうご紹介する、茸本朗(たけもとあきら)さんの言葉です。

野食ハンマープライス」というサイト、ご存じでしょうか? 茸本さんはこの運営者で、彼自身の言葉を借りれば「変ないきものを食べてはレポート」し、なおかつ「野外のものをできるだけ美味しく食べる」ことに心血を注いでいるサイトなのであります。

サンプル1:ウシガエルが食べられるならばオタマジャクシもいけるのではと考察する茸本さん

このサイトを最初見たとき、茸本さんの迷いのない実食ぶりに感銘を受けました。「知らないものを食べてみたい」というその思いに、まーったくウソがない。たとえば海の生きものなら、マグロと釣り餌になるような多毛類とが彼の眼には等しく映っているのが感じられ、同時に「食べてみたいもの」なんだなーということがとっても素直に伝わってきたんです。

サンプル2:「釣りをする人でも触れない人がいる」青イソメにトライする茸本さん

と、上記の2サンプルだけだと「ゲテモノ食いの人?」と思われちゃうかもしれませんね。いえいえ、最初にも書いたように茸本さんはあらゆる生きものを「できるだけ美味しく食べる」ということに重心を置いてるんです。

少年時代の愛読書は動植物図鑑

茸本さんの父親は転勤族で、10歳のときに九州に赴任。この地で茸本少年は釣りと出会い、見事にハマります。

ほぼ毎週末釣りに行ってました。ときには、ハゼ120匹をひとりで釣ってきたこともあります。たまりかねた母親が「誰が料理するの!」って怒ったんですよ。そしたら父親が、柳刃包丁と出刃包丁をプレゼントしてくれて。自分で料理しろ、ということですね。そのとき11歳でしたが、以来ずっと料理をしています。(茸本さん)

f:id:Meshi2_Writer:20160727104313j:plain

これがその父親からのプレゼント、大事に使い続けてもう20年選手。「研ぎ続けて使ってきたので、すっかり小さくなりました」と茸本さん。料理をはじめると同時に、朝市をのぞくのも大好きになったそう。

朝市には出会ったことのない様々な魚がいっぱいいるわけですよ! ワクワクするんですよね。料理し始めの頃、なんの魚かは忘れたけど朝市で買った魚を刺身にしたんです。多分うまくいかなかったと思いますけどね(笑)。その後は見よう見まねで料理をしつつ、ずっと毎週末は朝市と釣りです。でも勉強もしてたんですよ。親がうまいなと思うのは、塾のテストでいい成績だったら釣りに連れて行ってくれたんです。だからがんばりました。(茸本さん)

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。