ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロシア方面へ旅行する際に気をつけたい4つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロシア・ベラルーシ・ウクライナへは他のヨーロッパ諸国と異なり、いくつか注意点が必要です。特に、ベラルーシからロシアを経由して日本へ帰国する際にトラブルが発生しています。

それでは注意点を見ていきましょう。

 

ロシアへ旅行するにはビザが必要

Photo by 新田浩之

現在、ロシアへ渡航する際には一部の例外を除き、ビザを取得する必要があります。ここでは、一般的な観光ビザの取り方を説明します。

 

観光ビザを取得する際に必要なものはパスポート、バウチャーのコピー、申請用紙(証明写真4.5cm×3.5cmを貼り付ける)です。申請用紙はロシア連邦外務省のホームページから記入しプリントアウトします。

問題はバウチャーのコピーです。一番オーソドックスな方法は宿泊するホテルから入手する方法です。ホテルのホームページから滞在日程や訪問都市を記入し、手数料を払ってバウチャーの発行をお願いします。

遅くとも、約1週間後にメールでバウチャーが送られてきます。なお、バウチャーは「ビザサポート」と表現されている場合もあります。

 

裏技はバウチャーを発行する会社に依頼すること。簡単な記入で即座にバウチャーを入手できます。ただし、発行手数料がホテル経由よりも高い場合がありますのでご注意ください。

そして、書類をロシア大使館・領事館へ持参します。申請後、10業務日後であれば無料でビザを発行してくれます。10業務日前からは有料になります。なるべく早めに申請しましょう。

 

ベラルーシへ旅行する際にもビザが必要

Photo by Maks Karochkin

ロシアの隣国、ベラルーシへ旅行する際もビザが必須。

滞在10日以内の観光ビザですと、パスポート、申請書(証明写真4.5cm×3.5cmを貼り付ける)、ホテル予約確認書(ホテル側のサイン入り)、海外旅行保険の証書が必要です。

なお、ロシアとは異なり郵送可です。申請後、最短で5業務日となります。

 

ロシア経由でベラルーシへ行く場合の注意点

Photo by 新田浩之

モスクワを始めとするロシアの空港を経由してベラルーシへ行く際は、ベラルーシビザの他にロシアのトランジットビザが必要となります。ロシアとベラルーシは「連合国家」として、出入国管理を統一しています。

なおベラルーシからロシア経由で日本へ帰国する際も、ロシアのトランジットビザが必要です。

ロシアのトランジットビザを持っていないがために、飛行機に乗れない日本人観光客が急増しています。十分、ご注意ください。

 

ウクライナからロシア行きの飛行機は運休中

Photo by 新田浩之

残念ながら、2016年7月現在、ウクライナ~ロシア間の飛行機は双方の制裁の影響により、運休しています。どうしても、ウクライナからロシアへ飛行機で移動する場合は、ビザのいらないモルドバのキシナウ経由を選択しましょう。

 

最後に

ロシア、ベラルーシ、ウクライナのビザに関する問題は大変複雑で流動的です。旅行される際は、必ず事前にこの地域を専門とする旅行会社に問い合わせることが賢明です。

関連記事リンク(外部サイト)

広大な国土と歴史が産み出した「ロシアの世界遺産」全26ヶ所を観に行こう!
【無料でロシア旅!?】女子限定、ロシア旅に同行するアシスタントを募集中!
ロシアが旅行好き女性におすすめな6つの理由
ロシア旅行で行きたいウラジオストクの観光スポット5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。