体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅先として人気上昇中。絶対買いたいキューバの魅力的なおみやげ7選♡

旅先として人気上昇中。絶対買いたいキューバの魅力的なおみやげ7選♡

キューバには自国で生産、販売している特産品がたくさんあり、そのものの多くが日本の半額近い値段で買えます。

実際にキューバに行った私が、オススメしたいおみやげと日本に持ち帰り時の注意点をご紹介します。

 

葉巻

shutterstock_280867364

photo by shutterstock

葉巻大国キューバ。おみやげ屋さんに入ると、様々なブランドの葉巻がずらり。

キューバは世界でも最も有名な葉巻の名産地であり、一切タバコ葉は輸入せず全て自国で生産されたもののみを使用して作られています。

 

深みのある独特の香りはキューバ産ならでは。現地で買うと大変安く手に入り、日本の半額で買うことが出来る場合もあります。

ですが、粗悪品を掴まされないように、しっかりとしたショップで購入することをお勧めします。葉巻が好きな人が周りにいるなら、おみやげで渡すと喜ばれること間違いなしです。

 

※持ち込み時の注意
キューバ出国税関、及び、日本入国税関では、50本までの葉巻(もしくはタバコ200本)が無税で持ち込みできます。ただし、正規店で購入したという購入証明書が必要です。

 

日本の1/3以上の値段?!紙巻きタバコ(シガレット)

shutterstock_384028573

photo by shutterstock

葉巻で知られる

「Cohiba(コイーバ)」
「Romeo Y Jurieta(ロメオ・イ・フリエタ)」
「Vegas Robaina(ベガス・ロバイナ)」
「Hoyo de Monterrey(ホヨー・ド・モントレー)」
「Montecristo(モンテクリスト)」

などの一流ブランドが、紙巻きタバコも出しています。

値段も安く、1箱20本入りでCUC0.5~0.9(約50~100円)で手に入るので、普段愛煙家で葉巻に抵抗ある方にもおみやげとして渡しやすいかと思います。

私もおみやげとして数箱購入しました。

 

※持ち込み時の注意
キューバ出国税関、及び、日本入国税関では、200本までのタバコ(もしくは50本までの葉巻)が無税で持ち込みできます。ただし、正規店で購入したという購入証明書が必要です。

 

モヒートにして飲みたいキューバの代表的なラム酒「ハバナクラブ」

3515020429_b17a0f336f_b

photo by Matthias Rhomberg

モヒートの発祥地、キューバ。

「武器よさらば」や「老人と海」などの小説で知られる文豪アーネスト・ヘミングウェイも現地のバー・La Bodeguita del Medioのモヒートの大ファンでした。

私も試しましたが、現地のモヒートは格別でした。キューバに来たら是非一度本場、ハバナでモヒートを味わってみてほしいです。

 

モヒートのもととなるリキュール、ラム酒でキューバで最も有名なのが「ハバナクラブ」。3年物、5年物、7年物など熟成されてるものになると、少々値段が張ります。

安いものだとCUC4~7(約400~900円)前後で購入可能。ミニサイズも販売しているので、まとめて購入して友人に配ってもいいと思います。

ちなみに「ハバナ・クラブ」の製造過程を学ぶことができるハバナ・クラブ蒸留博物館では、試飲もできるので購入前に試してみてはいかがでしょうか。

 

※持ち込み時の注意
キューバ出国税関、及び、日本入国税関では、酒は3本(1本0.75リットル)までが無税で持ち込みできます。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。