ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有形文化財から総檜風呂まで!東京「激シブ旅館」5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


旅行シーズンにのんびり泊まりたいところといえば、温泉地などの旅館。だが、東京にも情緒あふれるシブい旅館があることをご存じだろうか。『東京の、すごい旅館』(アスペクト)の著者である安藤青太氏に、30オトコにオススメの“東京激シブ旅館”を教えてもらった。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●本格的な和風建造物に触れる「鳳明館 本館」(本郷)

「館内の細かいところにいろんな細工がされているので、中を見て回るだけでも楽しい旅館。明治38年築の木造建築は、登録有形文化財にも指定されていて、かなり貴重です。ちょっと足をのばして根津、谷中あたりを散歩して古き良き東京に浸るのがオススメ」

本館の他にも「台町別館」「森川別館」と計3館あり、それぞれ違う個性を持っているのだそう。

●まるで昭和の純喫茶?「ホテル江戸屋」(湯島)

「昭和の名画座や純喫茶を思わせる雰囲気のホテル。ホテルといってもほぼ和風の部屋です。オススメの楽しみ方は、露天風呂に入ってマッサージ器でコリをほぐし、麻雀ルームで夜通し麻雀! ですね。その他にも、地下に有名蕎麦店『古拙』の姉妹店があるのでおいしいそばを食べたり、近くの湯島天満宮を散歩したりと楽しみ方はいろいろ。仲間と『大人の修学旅行』気分でワイワイできる宿ですよ」

JR、地下鉄の各駅からもアクセスの良い場所にあり、クラス会などで利用するのもいいだろう。

●江戸時代がコンセプト「助六の宿 貞千代」(浅草)

「江戸気分を味わえる宿です。小唄などのお座敷遊びを体験できるプランがあったり、江戸の町衆が食べていた料理を参考にしたメニューがあったりと、心も体もどっぷり江戸に浸れるので、時代劇好きの人にはもってこい。お風呂も総檜風呂で気持ちいいです。こんなコンセプトの宿、他にないと思いますよ」

宴会時に楽しめる芸や遊びのプランは10種類以上。屋形船で宴会ができるプランもある!

●アットホームな東京の新旧を味わえる「旅館 三河屋」(浅草)

「浅草は昔からの観光地ですが、東京に住んでいる人は、あまり泊まることはないのではないでしょうか。昼間の喧噪からうって変わって、静まり返った夜の仲見世とライトアップされたスカイツリーを眺めるのは、東京の新旧を感じられてなかなか感慨深いですよ。あまり部屋数の多くない宿だからこそのアットホームな雰囲気もいいですね」

浅草の仲見世から“30歩”という好立地の宿。下町を存分に楽しめそうだ。

●古民家を再生した和風ホテル「Bamba Hotel」(西品川)

「昭和20年築の長屋をリノベーションして作られた『Bamba Hotel』。一見するとただの古い日本家屋ですが、アメリカ・ポートランドのアンティーク家具が置かれていたり、お風呂は猫足のかわいいバスタブだったり…と細かい所がオシャレで発見の連続。ただの和風旅館とはひと味違った面白さがあります」

ちなみに宿泊は1日1組限定なので要注意だ。
東京にいながらにして、都会の喧騒を忘れることのできるシブい旅館たち。忙しくて長い休暇が取れない…という人は、都内で小旅行に出かけてみる?

(熊谷彩香/かくしごと)

(R25編集部)

有形文化財から総檜風呂まで!東京「激シブ旅館」5選はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

性犯罪や非合法活動も!?民泊注意点
新幹線以外も魅力たくさん!ローカル線の旅・北陸編
間違った日本観に驚愕!「やりすぎ和スポット」5選
「民泊」制度スタートも、行政と民間業者の声は乖離
渋谷“ド真ん中泊”ホテルに注目

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。