ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Uberの自動運転車、今月にも米国で客を乗せて公道で試験走行へ!一部の都市では無料乗車も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タクシーに乗る時、Uberのアプリで配車を依頼したことのある読者もいるのでは。

ドライバーと客をマッチングするサービスだが、近い将来、呼んだタクシーにはドライバーがいない…ということになるかもしれない。

自動走行車のテストを行っているUber、今月にも米国ペンシルベニア州ピッツバーグで客を乗せて走り出す。

・コンピューターがデータ収集

もっとも、この客を乗せた自動運転走行は商業的なものではなく、あくまでテストの一環。使用するボルボの自動運転車にはエンジニアら2人が乗り込む。

走行は自動で行うが、万が一に備えてハンドル操作できるようにして安全を確保しつつ、走行の様子を観察。そしてトランクに乗せたコンピューターが各種のデータを記録する。

・ただで乗車!

Uberは5月にピッツバーグで公道テストを行うことを明らかにし、実施してきた。それからわずか3カ月で客を乗せてのテストドライブという運びをみると、開発は順調にいっているようだ。

ちなみに、ピッツバーグで自動運転車が迎えに来たら、その際の運賃は無料となるようだ。最新テクノロジーを“ただ”で目にすることができるなら、乗ってみたいかも?

Uber

Volvo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP