ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ顔負けスイングのJK神ノッカー 自宅でも素振り欠かさず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この夏の甲子園では、練習に女子マネージャーが参加して制止された問題が大きな話題となったが、甲子園に届かなかった地方大会にはプロ顔負けスイングの「JK神ノッカー」がいた。

 それが福井県立羽水高校3年の古市琴美さん(県予選1回戦敗退)だ。7歳から始めた野球への情熱は誰にも負けない。この夏一番注目を浴びた女子高生の一人だ。

 マネージャーの彼女がノッカーとしてデビューしたのは1年秋の地区大会のことだ。「ノッカーが女子?」と会場がざわめき、試合に出るくらいの緊張感だったという。

「7分のノック時間を考え、選手に多くの球を受けさせるため、いつも早めのテンポを意識していました」(古市さん)

 最後の夏は規定変更でノックは打てずに記録員としてベンチ入り。「ベンチの中で、仲間と同じ空間で戦えたことが、最高の思い出です」(古市さん)という。91cm・510gのカーボン製ノックバットは、青春の1ページとして大切に部屋に飾ってある。

 八力昌輝監督も認める努力家。自宅での素振りは欠かさなかった。成績も優秀で進学希望。「将来はプレーヤーに戻りたいです」と爽やかに笑った。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■古内義明

※週刊ポスト2016年9月2日号

【関連記事】
5大会連続W杯出場・サッカー日本代表の強さに秘密に迫った書
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP